資料請求
お問い合わせ
アクセス
臨時的な授業休講の基準について

臨時的な授業休講の基準について

 交通機関の運休時、荒天時及び災害時においては、下記の基準を目安とし、そのときの状況も踏まえて、大学側(学長・教務部長)が授業を休講とするか否かを決定します。
 このような臨時的な休講等が生じた場合は、本学のホームページ「新着情報」や、在学生向け「お知らせ」にてお伝えします。

1.交通機関の運休時の授業
(1) JR総武線(快速・各駅停車の両方)が運転を中止した場合
(2) 千葉以東のJR総武本線、JR成田線、JR外房線、JR内房線のすべてが運転を中止した場合
上記の(1)、(2)のいずれかの場合、交通機関の運休理由及び状況を考慮し、下記のとおりとします。
(ア) 午前6時までに復旧した場合は、通常どおり授業を行います。
(イ) 午前10時までに復旧した場合は、原則として3時限(13時)より授業を行います。
(ウ) 午前10時までに復旧しない場合は、終日休講とします。

2.台風や大雪等の気象状況ならびに災害時の授業
(1) 千葉県北西部に「暴風警報」、「大雨警報」、「洪水警報」、「大雪警報」、「暴風雪警報」のいずれかひとつ以上が発令された場合、または発令されることが予想される場合
(2) 災害により、学生の通学における安全確保が困難と予想される場合
上記の(1)、(2)のいずれかの場合、授業は原則として終日休講とします。

3.その他
 その他、学生の通学時等における安全を考慮し、休講する必要がある場合
 
【注意】上記の基準はあくまでも目安ですので、必ずホームページで大学側の決定を確認して対応してください。

資料請求

オープン
キャンパス

LINE
Facebook