資料請求
お問い合わせ
アクセス

2021.02.13 受験生 これから受験を検討している受験生および保護者の皆様へ ーこども学科ー

保護者からのお便り -こども学科-
本学に入学された保護者から入学後の感想をいただきましたので、紹介します。
これから大学受験を控えている方の参考になれば幸いです。
今回は、こども学科の保護者から寄せられたものをまとめました。
●参加したオープンキャンパスで受験までのノウハウを優しく教えて頂き、進路についての不安が解消されたようです。おかげで落ち着いて受験することができたようです。
●入学後は、コロナで大学に行くことが出来なくなり、リーモト授業や課題など一人で分からないことだらけで、不安の日々でした。そんな時でも担当の先生がクラスのライングループを作って下さり、一人ではないと感じ課題なども頑張って取り組んでいました。
●短大は、他の大学よりいち早く対面授業を行って頂き、徐々に授業を再開してくれ感謝しています。娘も大学生という実感がわき、友達とも楽しく過ごせているのを感じます。こども学科は「先生」となるための学科ですので、多くの実践が大事だと思います。早い対応をしてくださり、本当に感謝しています。
(こども学科Tさん)

IMG_2019 (640x427)

3×3-2

●受験を決めたきっかけは、中学3年生の時に、偶然居合わせた学園祭でした。学内の環境の良さや生徒さんの雰囲気に、一瞬で惹かれたのです。
●コロナ禍の影響で、入学式もできず、授業開始はオンラインからでしたが、初等教育コースは、学内で一早く対面授業が始まり、学生生活が始まりました。それからは、毎日充実しているようで、いつも笑顔で先生方の話や友達との話、サークルのことも色々話してくれます。
疲れている様子が見られても休むことなく、足早に家を出発していく後ろ姿に嬉しく幸せに思います。
娘が数年間夢に見ていた短大での学生生活は、想像以上になっているのは言うまでもないと思います。
(こども学科Oさん)
●入学当初は、沢山課題があったり、いくつも実習があったり、2年で取得しなければいけない知識や技術があるなど、大変なイメージがありました。でも、身近に感じられる先生や友達がいたからこそ、互いに励まし合い、共通のことで悩み、同じ目標に向かってこられたからこそ、今となっては頑張ってこられたのかな?と思っております。
●課題の中の一つである「絵本ノート」は、一緒に図書館へ行き、調べたり、おすすめを教えあったり、昔からある絵本に目を通してみたりと、大変な数ではありましたが、楽しかったようです。
短い期間だからこそ、目標や意味をもって取り組むことができ、きっと実習や就職先でも活かされるはずです。
●就職先で活かせる事例や保育士として働いている方の実際話が聞ける場があり、保育について学びたいと思う授業がたくさんあります。
●ここで学びたいと思えるようなきれいなキャンパス、分からないことなど相談しやすい少人数制のクラス担任制、分かりやすい丁寧な指導など、一人ひとりの性格、環境が違う中、一人ひとりに適切な言葉で支援、援助してくれるそんな学校です。
(こども学科Mさん)

0824OC⑪

資料請求

オープン
キャンパス

LINE
Facebook