資料請求
お問い合わせ
アクセス

2020.09.24 お知らせ 【コロナ禍での活動報告③】 パソコン実習教室にシールド板を設置しました

教室設備の充実 密を避ける「シールド板」

夏の暑さも和らぎ、朝夕は過ごしやすくなってきました。季節は確実に巡っているんですね。
短大では前期6月から、新型コロナ対策を取りつつ、教室での面接形式の授業を開始しています。

教室で授業を行う上で、空調や水回りなど校舎の設備に助けられているところが大きいと感じます。
私たちの校舎は新築5年目で、いまだ設備は新しく清潔で快適です。
こうしたもともとの設備に加えて、安心して授業に集中できるように、安全面強化のための設備を追加しています。

PCイメージ画像

シールド

例えば、PC実習教室の設備です。
短大には実習教室3つと自習室1つがあり、全室に今年度導入したばかりの最新Windowsパソコンが設置されています。
教室を十分に活用しつつ「密を避ける」ために、全てのPC教室には透明な「シールド板」=写真左=が設置されました。
これからはIT技術がさらに重要になると考えられますが、そのためには実習のための授業時間をしっかり確保することが大切です。
対策をとりながら、PCスキルをしっかり身につけてもらうための授業を展開しています。

さて、設置当初はなんだか違和感もありましたが、今では設備の一部として溶け込んで、気にせず使える教室になりました。
後期授業も始まり、キャンパスに学生の賑わいが戻ってきます。また忙しくなりそうです。
(教員 江上邦博)

画像③

画像④

画像②

資料請求

オープン
キャンパス

LINE
Facebook