資料請求はこちら
交通アクセス

2017.03.06 お知らせ 内定者報告② 小学校教諭

2年間の学びを「将来の自分」に着実につなげた2年生たちをシリーズでご紹介します。
 
小学校教諭
千葉県公立小学校教員採用試験に合格
こども学科初等教育コース 2年 Tさん
流通経済大学付属柏高等学校出身
■教師を志望した理由
母も教師。それが教師を職業として意識したきっかけです。また小学校でサッカーを教えるボランティアを務め、1年生から6年生まで幅広い年齢の子どもと接する小学校は対応する面白さがあると思いました。夢の実現には公務員試験を突破しなければなりませんでしたが、「やるしかない」と頑張りました。

■公務員試験対策
どのように取り組めば良いか、先輩や先生方から情報を集めて取り組みました。最も役に立ったのは2年生夏に行われた集中講座です。参加者全員が模擬授業を行って意見交換をするのですが、講師として教壇に立っている卒業生もいらっしゃり、様々な授業の進め方を知ることで考えが深まりました。

■短大での2年間、そして、これから
少人数で先生との距離が近く、すべての先生が名前を覚えてくれているのが嬉しかったです。2年間楽しく過ごしました。初等教育コースには既に大学を卒業した方、社会人経験を積んだ方が科目等履修生として学んでいますが、触れ合う中で今まで知らなかったことに出会うことも多く刺激になりました。春からは、教師として働きます。教える子ども達が、ひとつでも「ここが成長した」と感じてもらえるよう頑張ります。

2040 (852x1280)

 Tさんは小学校の教師を目指して最初に入った大学を中退し、本学に入学しました。教材解釈のセンスがとても良いです。そのセンスを生かして素直に学んだので、自分の目で見、自分の耳で聞いて自分の頭で考える、そうした学生へと成長しました。やわらかくしなやかに、子どもと共に学ぶには最適の在り方、そうした本学が目指す教師、保育者像に近づけたのではないかと思います。
  教員採用の二次試験では、内面から出てくるそうしたところが、面接官にはすぐわかったのでしょう。教員採用試験おめでとう。これからも謙虚に、しかし自分に自信を持って、自分の素質を余すところなく開花できるように、学び続けて下さい。
                        
千葉経済大学短期大学部こども学科学科長 教授 大沼 徹
 

2042 (1280x854)

資料請求

オープン
キャンパス

LINE
Facebook