クリスマス・ウィーク

photo-1

この季節、空気が澄んで富士山が綺麗に見える。短大棟5階の一角からも朝拝むことができる。写真はちょうど日没直後の相模湾からの夕映えの姿である。神々しい富士山を見ると、新たに頑張ろうという気分になる。

photo-1

 

 

 

 

 

さてコロナ禍の中で2年目の年を越そうとしている。本学では昨年の秋から授業は、ほぼ平常とおり対面で行っている。もちろん毎朝の検温、健康確認や入構時の消毒や体温チェック、昼食時の密の回避、黙食など細心の注意の上である。授業はともかく、クラブ・同好会など課外の学生の活動、交流にはかなり制約があり、友達作り思い出作りなどに出来るだけ手助けできるよう考え努めている。

残念ながら11月の短大のとどろき祭(大学祭)は2年連続で見送らざるを得なかったが、七夕、クリスマスと季節に合わせて学内で学生中心にイベントを開き、学生間、学生と教職員との交流を図り、学校生活に潤いや楽しみを与えるようにしている。今回は11月末からエントランスにクリスマスツリーの設置、校内の装飾を行って雰囲気を盛り上げ、12月13日(月)~17日(金)の週間に、お笑いイベントや校内を巡る謎解きスタンプラリー、キッチンカーの誘致のほか、クラブ、ゼミやクラスでの発表、催し物、展示など多くの企画が予定されている。

photo-2

 

 

 

 

 

 

 

平日の授業の合間をぬっての昼休み中心のイベントとなるが、華道、書道など普段知らない友人の一面を見たり、華やかなファッションの世界を垣間(かいま)見たり、あるいはキッチンカーでまずは腹ごしらえという人、それぞれに楽しんでいただければと思っている。クリスマスに寄せて、皆様に幸多かれと祈る次第である。

(by 西川)