The Twilight Zone!

the-twilight-zone

You’re traveling through another dimension, a dimension not only of sight and sound but of mind; a journey into a wondrous land whose boundaries are those of imagination. Your next stop…the Twilight Zone.

あなたは異次元を旅しています。視覚や聴覚だけではない、精神の次元です。人間の想像力の及ぶ限り、この素晴らしい世界への旅は続きます。次は、、、トワイライトゾーンに停まります。

the-twilight-zone

This is how the American TV series The Twilight Zone (1959~1964) used to begin.  In each episode, characters are faced with unusual events, paranormal phenomena or experiences out of this world, which are described as entering ‘the Twilight Zone’.  This series was so successful that the phrase ‘the Twilight Zone’ came to be used to refer to surreal experiences.

アメリカの The Twilight Zone (1959~1964) というテレビ番組はこのナレーションで始まりました。それぞれのエピソードでは登場人物が不可思議な出来事、超常現象、あるいはこの世のものとも思えない経験に直面します。これを「トワイライトゾーンに入る」と表現します。ちなみに「トワイライト」とは日の出前、日没後の薄明りのことです。このシリーズは大変な人気を博し、「トワイライトゾーン」という語句は「超現実的」「非現実的」な体験を指すようになりました。

Thus, out of respect for this monumental achievement in the early days of American TV entertainment, I would like to share with you another story away from everyday life, or an incident fitting naturally into the world of enigma on a different plane, in the middle of which I found myself when I was a kid.  

というわけで、今回はアメリカのテレビ業界初期におけるこの金字塔的作品にちなみ、ひとつの非日常的な物語をあなたと分かち合いたいと思います。異次元空間の謎の世界に相応(ふさわ)しい出来事です。子供のころ、私はその世界の真っ只中にいたのです。

———————————————————————————————————————-

The story you are about to read could be called fantastic, horrifying, and funny.  It is all of these things, but it is one thing more.  It’s true.

これからあなたが読むお話は「空想的」「恐ろしい」、あるいは「奇妙」なとと呼ばれるでしょう。そのすべてが当てはまります。でももうひとつ。これは「真実」、つまり本当に起こった事件なのです。

It was during May 1976 that a Japanese TV station invited Gerald Croiset, a Dutch parapsychologist, to come to Japan to help locate a missing 7 year-old-girl from Chiba Prefecture, whose real name I feel obliged to keep private here to protect the innocent victim. Croiset was believed to have a paranormal mental ability called ‘Clairvoyance’, which is a French compound word made up of ‘clair’ , meaning ‘clear’ and ‘voyance’, an equivalent of the English word ‘vision’.  A person gifted with this ability can supposedly gain information about an object, an individual or a location not through the usual five senses that every human being is equipped with, but through extrasensory perception.

1976年の5月のこと、日本のテレビ局がオランダの超能力者クロワゼット氏を日本に招きました。千葉県在住の7歳の女の子が行方不明となり、その行方を探してもらうのが来日の目的でした。罪なき犠牲者のため、実名は伏せておきます。クロワゼット氏は「千里眼」という能力を持つと信じられていました。原語はフランス語の複合語で「はっきりした」「視覚」という意味です。この能力を持った人は離れたところにあるもの、個人、場所などについて、健常者ならだれもが持つ通常の五感ではなく、超感覚的知覚によって情報を得ることができるとされています。

After going over a couple of pictures of the missing girl and a map of the area where she had presumably gone missing, Croiset implied as a possibility that she might already be dead, and added that he could visualize her ‘floating on the surface of a lake in the vicinity of a quay for boats and a yellow protruding structure’.  The TV crew immediately rushed to the site which Croiset pointed out on the map.  

行方不明の少女の写真や姿を消したと思われる地域の地図をざっと眺めると、クロワゼット氏は言います。「その子はもう死んでいるかもしれない。ボートの係留場所と黄色い突出物の近くにある湖に浮いているのが見える。」テレビ局のスタッフはクロワゼット氏が地図上で指摘した地点へと急ぎました。

I could hardly believe what happened next!  It turned out that the girl was found exactly as he predicted, in the reservoir near a quay for rowing boats and a water supply tower, which was painted yellow.  I was glued to the TV set, completely dumbfounded at the unpredictable unfolding of events that was actually taking place right in front of my eyes.

次に起きたことは私にとって信じ難いものでした。少女の遺体はクロワゼット氏の予言どおり、貯水池、それも手漕ぎボートの係留場所と黄色く塗られた給水塔近くにある貯水池で発見されたのです。私はテレビにくぎ付けでした。まさに眼前で展開されていく、予想を超えた出来事に唖然とするばかりでした。

Wow!  What Croiset accomplished was the real deal!

うわ~、クロワゼットのしたこと、こりゃ本物だ!

How long will it take before we feel ready to face up squarely to the unknown, without fear but with the hope of making a difference for all of humankind?

私たちが恐れではなく、人類の幸福に貢献するという希望とともに未知の世界としっかりと向き合うことができるまで、どれくらいの時間が必要なのだろう?

——————————————————————————————————————–

Incidentally, in November last year, I was strolling with a friend of mine on a busy street in Shibuya, when a stranger spoke to us from behind.  It was a roadside fortune-teller, who appeared to be a young lady in her late twenties.  It struck me as  an unexpected piece of gook luck that she turned out to be a dead ringer for Mai Shiraishi, a former member of Nogizaka 46.  I instantly grew interested and decided to consult her about my personal affairs.  The beautiful fortune-teller asked me whether or not there was a pine tree in my garden, or within a radius of about a hundred meters from the place where I lived.  When I replied in the negative, she exclaimed in a loud voice, with her attractive, almond-shaped eyes wide open:

閑話休題|∀・).。oO(・・・)

昨年の11月だったか、渋谷の繁華街を友人と歩いていると、後ろから誰かが声をかけてくる。ふと見ると、路上で営業する易者、つまり占い師さんだった。20代後半ぐらいの若い女性のようだ。乃木坂46の元メンバー、白石麻衣にそっくりなのにはちょっと驚いた。俄(にわ)かに興味津々の吾輩は占ってもらうことに。我が家の庭か、それとも住んでいる場所から半径100メートル以内の範囲に松の木はないか、と美しき占い師はたずねてくる。「ありません」と答えるやいなや、彼女はその魅力的な瞳をカッと見開き、大きな声で叫んだのだった:

‘Oh, I’m so relieved to hear that!  An old pine tree would mean a bad luck for you!’

まあ!それを聞いてホント安心したわ! 古い松の木はあなたにとって縁起が悪いのよね!

It was already getting dark in the late afternoon on a chilly winter day.  From a certain angle, we were in the middle of the Twilight Zone indeed.

日も暮れゆく肌寒い冬の午後だった。吾輩と友人は「トワイライトゾーン」の真っ只中にいた。見方によってはね ヾ(・∀・;)オイオイ                     

まいやんイチオシ!の柳浦でした   ヽ(・∀・ )ノ

◎ 日本文は英文の正確・忠実な翻訳ではありません。あくまで「大意」です。

念のため。