前期もあと少し!メリハリのある学校生活

pic1

7月も半ばになりました。前期の授業もあと少し。試験が迫ってきています。この一週間の出来事を振り返ってみると・・・

【その1】保育コース2年生が保育実習から帰ってきました。楽しかったり、思うようにできず悩んだり、様々な経験を積んできたようです。みんなひとまわり立派になって帰ってきました。実習前と授業中の雰囲気が違います!私たち教員の話を聞くときも、自分が話すときも、どちらも意思を感じる顔つきで主体的に取り組んでいます。やはり現場での学びは大きいのですね。大変な状況の中で実習を引き受けてくださった保育所、施設の方々に感謝いたします。

【その2】七夕-ぷち縁日-という学友会執行部主催のイベントがありました。保育コースの2年生が実習だったので、事前の準備はビジネスライフ学科の学生が中心に頑張りました。感染予防対策を取りながら、授業の合間のささやかなイベントでしたが、みんな楽しそうです。

pic1

pic2-1 pic2-2pic2-3

pic3-1 pic3-2

【その3】こども学科1年生は、マナー講座がありました。実習や就職活動、社会人になってから大切になる考え方や立ち居振る舞いについて学びました。私も普段いい加減にごまかして過ごしているので、とても勉強になりました。

pic4-1 pic4-2

短大生活は忙しく、コロナ禍でさらに大変なことも沢山あります。けれども学生たちは頑張るときはしっかり頑張り、楽しむときは心から楽しんでいるようです。メリハリのある学校生活っていいですね。次は、レポートと試験、頑張ってね。(浅川繭子)