THE INVADERS !!

the invaders 02

Wow! I feel the earth move under my feet, I feel the sky tumbling down!  Actually, I’m not talking about an earthquake, nor am I refferring to Carole King.  I’m thrilled with something that has been kept classified for more than 70 years since the Roswell Incident in 1947,  where a flying saucer broke into pieces and a couple of alien bodies were found at the crash site.

キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!! 驚天動地!っていっても地震じゃないよ。アメリカ70年代の歌姫、キャロルキングでもないよ。何がスゴイって、1947年のロズウェル事件で円盤が墜落し、異星人の遺体が発見されてから70年以上に渡り、ず~っと機密事項とされていたっていう、あの件だよ。

The U.S. government has finally come up with ‘’the confession’’ that some of the UFO sightings that have been reported in recent years are authentic, which means that the objects in their footage cannot be balloons, jet planes, or drones erroneously identified for something else. Some experts even go so far as to say that the technologies involved in making such unpredictable movements, as observed in the recordings, might be more than 1,000 years ahead of us!

アメリカ政府は近年報告された、いわゆる未確認飛行物体の目撃例のうち、いくつかは本物だと「告白」したんだよね。つまり動画に映っている物体は風船や飛行機、ドローンを見間違えたわけではないってことさ。録画中で観察されたような、予測不能の動きを可能とするそのテクノロジーは我々の文明よりも1,000年以上は先を行くと主張する専門家までいるんだ!

What strikes me the most about this chain of events is, it goes well beyond the realm of Sci-Fi and has turned out to be a national security issue for the United States of America, undoubtedly a military giant in the world.  

何といってもスゴイのは、この話がSFの領域を遙かに超え、軍事超大国であるアメリカ合衆国にとって「安全保障上の問題」だと受け止められているってことさ。

On this significant occasion in the history of Ufology, I’d like to introduce you to an epoch-making TV show produced in the early days of TV entertainment in the United States.  It’s a program titled The Invaders(1967-1968).

「UFO学」の歴史上でも意義深いこの機会に、アメリカにおけるテレビ業界の創成期に制作された画期的なテレビ番組を紹介しようじゃないか。『インベーダー(侵略者)(1967-1968)』という作品だ。

———————————————————————————————————–

the invaders 02  THE INVADERS

It all began one dark night. A man named David Vincent, on his way back home from work, parked his car in a deserted town in the middle of nowhere because he was too tired to continue to drive any further.  He was about to take a short rest, when he came across something unearthly: the landing of an alien aircraft from another galaxy. 

ある晩のことだった。デビッド・ビンセントという男が、仕事の帰りに辺鄙な場所にある寂れた町でクルマを止めた。疲れて運転を続けることができなかったからだ。彼がほんのちょっとの間休もうとしたとき、この世のものとは思えない出来事を目撃してしまう。他の銀河からやって来た、宇宙人による飛行物体が着陸する光景だ。

The creatures in the flying saucer were from a dying planet, and they were looking for a new world where they could survive.  So their purpose in coming to the earth was obvious, that is, to turn our planet into their own habitat.  They were what we’d call ALIEN INVADERS.

円盤に乗っている生命体は「滅びゆく惑星」から飛来し、自分たちが生き残ることのできる「新世界」を求めていた。彼らが地球に来た目的は明らかだ。我々の惑星、つまり地球を彼ら自身の住みかとすること。そう、コイツらはいわゆる「異星人のインベーダー(侵略者)」だったんだ。

Determined to resist the enemies from outer space, David tried to convince his disbelieving folks that the alien invasion was in progress, and that the nightmare had already begun.  

宇宙からの敵に抵抗すべく、デビットはなかなか信じてくれない周りの人たちに必死に伝えようとする。異星人による侵略が進行中であること、そして「悪夢」はすでに始まっていることを。

What I like about this classical TV show is that it drives me paranoiac.  Completely absorbed in the story I begin to identify myself with David Vincent and soon find myself muttering something like:

この古典的テレビ番組の好きなところは、「すっかりその気に」させてくれるところだ。ストーリーの世界観に浸っているうちに、だんだん自分が主人公のデビット・ビンセントになりきってツブヤキ始めるんだ:

Oh, I’m sure that the invaders are already here, and that they are getting ready to take over the earth.  I’ve got to stop them!  But how?  They look exactly like us human beings, which means that anybody next door might turn out to be an extraterrestrial being with malignant intentions. They have a different bone structure and their little finger does not bend like ours.  When they die their bodies are consumed, they disintegrate, and there is nothing left behind except some ashes.  I have trouble persuading people I meet that we are in great danger… of being wiped off from the face of the earth.  Oh, how can I get them to believe what I have to say!

 ああ、「インベーダー」はもう来ている、そして着々と地球を乗っ取る準備をしているぞ。なんとか阻止しなければ!でもどうやって?アイツら人間と変わらない外見で見分けがつかない。っていうことは、隣に住んでいる人が「悪意に満ちた異星人」ってこともあるわけだ。骨格の構造が人間とは違い、小指が曲がらない。死ぬときは身体が燃え尽きて後には灰しか残らない。会う人に分かってもらおうとしても上手くいかないんだ。ボクら人類は地球の表面から消し去られる危機に直面しているのに。う~ん、どうすれば言いたいことが伝わるんだろう!

You see?  I tremendously enjoy being a paranoiac!

ね?すっかりハマって楽しんじゃってるでしょ!

———————————————————————————————————–

Incidentally, a couple of years ago I spent a weekend in Osaka, one of my favorite cities in Japan.  Believe it or not, I encountered something unusual during my stay. Take a look at the photograph below. I saw some objects, or lights in the night sky, drifting around Tsutenkaku Tower.  Chances are, they could have been looking for NEW WORLD.

閑話休題 |∀・).。oO(・・・)

何年か前のこと、週末にお気に入りの大阪に滞在していたんだけど、信じてもらえるかどうか、不思議な光景に遭遇したんだ。この写真を見てくれ。夜空にいくつかの物体というか、光が通天閣のあたりを漂っているんだ。ひょっとして「新世界」を探しに来たかな?

UAP05  UAP !?       

What I saw on that night has still remained unexplained up to the present date, which makes me justified in calling the incident ‘an Unidentified Aerial Phenomenon’.

 David Vincent was absolutely right!

あの夜に見たものは今日に至るまで説明がつかないんだよね。ってことはコレ、いわゆる「未確認航空現象」って呼んでもいいのかもしれないね。

デビット・ビンセントの言ってたこと、ホントだったんだ!

               昭和のUFO・オカルト少年 柳浦でした ヽ(・∀・ )ノ

筆者より: 日本文は英文の正確・忠実な翻訳ではありません。あくまで「大意」です。             念のため。