学食生活 第2号

こんにちは

ひっそりと学食に現れて、撮影してから食事をしていることでおなじみ(?)のA先生です。

毎年1回学食の記事を掲載するつもりだったのに、気付けば創刊号から3年間も忘れていました。

学生食堂「オアシス」では、お昼時になると、千葉経済大学と短期大学部の学生が、食堂のお姉さまたちの愛情たっぷりのご飯を求めて、集まってきます。

☆☆☆

お詫びと訂正

創刊号では、【学生食堂「エステリア」】と言っていましたが、よくよく調べると、

【学生ホールの名前が「エステリア」、学生食堂の名前が「オアシス」】のようです。

☆☆☆

さて。

ドタバタの新年度が始まったのも、いつのことやら。

気が付けば1か月が過ぎ去り、木々は桜から新緑へと移り変わっています。

木々の間を抜けて、食堂に入ると・・・

一昨年までは、学生であふれかえっていた食堂も、今では半分ほどしか学生は居ません。

コロナ対策として、向かい合って食事をとることがないように、テーブルの片側のみで食事をするようにしているからです。

自粛続きで、息苦しさを感じやすい昨今ですが、学生たちは食事の時は、向かい合わずに静かに食事をとってくれているので、厳しい規制をすることもなく、穏やかな日々が続いています。

そして、今までは定食や丼ものが出ていましたが、現在は、340円と410円のお弁当が主なメニューになっています。

340円のお弁当3種類は毎日同じですが、410円のお弁当は毎日変わります。

2020年度の初めは、2~3種類でしたが、次第に増えていき、現在では毎日違う6~7種類のお弁当が、食堂に並んでいます。

「全種類制覇するぞ!!」

そう意気込んでいましたが、日に日に新しいメニューが現れるので、頑張っても、頑張っても制覇できなくて、少し泣きそうです・・・。

ちなみに、学生におすすめのお弁当を聞くと、340円の「とりマヨ弁当」がダントツの人気を誇っています。

さて。

この1年で食べてきたお弁当の写真を一部紹介します。

pic1

「とりマヨ弁当」がどれか分かったあなたには、「学食お弁当マニア3級」を

20種類中、15種類以上、メニュー名が分かったあなたには「2級」を

全種類分かったあなたには「1級」の称号を贈ります。

なお、「写真の映りが悪いぞー」「実際の見た目はもっといいぞー」などのご意見、「私は20種類全部分かりました。」などのご感想は私まで直接どうぞ。

(A先生)