ALOHA HAWAII 「国際化委員会」より

pic 02

pic 01pic 02

新入生の皆さん、入学おめでとうございます!

いよいよ2年間の学生生活が始まりますね。

大いに楽しみ、そして大いに頑張ってください。

そのためにも、本学のことを皆さんにはより深く知ってほしいと思います。

====================================================================

本学には、皆さん一人ひとりの夢の実現をサポートするためにいくつもの制度が設けられています。たとえば他学科の科目履修や千葉経済大学への特別編入、千葉県私立大学間単位互換などに加え、「国際交流・海外体験」制度です。これは「ハワイ研修旅行」を通じ、海外の異なる文化や習慣を理解し皆さんにグローバルな視野と国際性を身につけてもらうためのものです。催行時期は2月、日程(期間)はおよそ1週間。毎年10~15名程度の学生がハワイ研修旅行に参加しています。

★参考までに例年の日程(スケジュール)を以下に記しておきます。

初 日:成田(日本)からハワイに向け出発。

ダニエル・K・イノウエ国際空港着後、専用車(全行程)で「モアナルア・ガーデン」「カメハメハ大王像」「イオラニ・パレス」「ワイキキ・ビーチ」「アラモアナ・ショッピングセンター」など。

2日目:「ドール・プランテーション」、ノースショアの「ラニアケアビー チ」「ハレイワ・タウン」「パール・ハーバー(アリゾナ記念館)」「タンタラスの丘」など。

3日目:自由行動 ビーチでのんびり、グルメ三昧、世界のブランドショップ巡り、ダイヤモンドヘッド観光、ナイト・クルーズ船からのサンセットと百万ドルの夜景、ダイビング、サーフィン体験、ウォータパークでイルカとのヒーリング体験など各自(グループ)でハワイを満喫。

4日目:ハワイ大学マノア・キャンパスの「授業」「ボランティア」に参加。

5日目:自由行動 ※3日目に同じ。

6日目:ホテルを出発。ホノルルから成田(日本)へのフライト。

7日目:成田国際空港着(帰国) ※入国手続き後、解散。

pic 03

 

ところで、皆さんがハワイと聞いて思い浮かぶのはどのようなもの(こと)でしょうか。

常夏、南の島、アロハ、フラダンス、サーフィン、ウクレレ、ダイヤモンドヘッド、美しいビーチ、プルメリアやハイビスカス、ロコモコ、マカデミアナッツ、etc.(ナルホド)

他は?

セレブの正月!(ユニークな視点ですが、そのとおりですね)

丸亀うどん!出雲大社!ドン・キホーテ!(あります、あります、あるんです!)

ハワイ・・・・・・青い海、空から降り注ぐ光のシャワー、そして明るくフレンドリーな笑顔。

これが皆さんの持つハワイのイメージ、表の顔、とすると次のようなことを知っていますか。

ハワイ(特にハワイ諸島の中心であるオアフ島)のホームレスの数(割合)が全米でトップレベルであることを。

全米ナンバーワンといわれるハワイのビーチの多くが地球温暖化の影響で年々減少し、失われていることを。

いかがでしょう。そう、ハワイにも裏の顔というものがあるのです。

====================================================================

国際化という大きなトレンドの中で、これから皆さんも多くの国の人達と出会い、様々な考え方や文化、歴史、習慣に接することでしょう。その時に国籍の違いや偏狭な価値観にとらわれることなく同じ人間として関わり、その人格を尊重することのできる素晴らしい心の持ち主になってほしいと思います。

そのためには本学で過ごす2年間を大切にしてください。あらゆるものに興味・関心を向けチャレンジしてください。

海外研修旅行にはたくさんの「初めて」があります。初めての経験(体験)には驚きがあり、発見があり、そして心揺さぶられるような感動があります。

現代社会においてパソコンやスマホは欠かせないツールであることは否定しません。しかし、そこから得た「情報」から世の中を、そして世界を知ったつもりになっている人(学生)がいかに多いことか・・・・・・。ことばが過ぎるのを承知でいわせていただければ、「薄っぺらな情報からは薄っぺらな人間」しかできません。皆さんには経験を通じて骨太な人間になってほしいと思います。

「人生における最高の先生とは経験(体験)である」といいます。

「自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人の経験よりも値打ちのある財産である」といわれます。

海外研修旅行、ハワイ。

あなた自身の目で見、耳で聞き、直に触れてみる。風や街の匂いを、味覚を試してみて下さい。短大生活における素敵なプログラムです。5泊7日の旅行(経験)は、皆さんに確かな成長と多くの思い出を約束することでしょう。by A.SAITO

昨年度は全世界で猛威を振るった新型コロナウイルスのため、研修旅行は中止を余儀なくされました。今年度も厳しい状況であることに変わりはありませんが、実施の可能性を探っていきたいと思います。また質問などがあれば遠慮なく下記の国際化委員(教員)にお尋ね下さい。

☛BL学科:柳浦(518)、栗田(509)

☛こども学科:高木(524)、佐久間美羊(522)、齋藤(530)

※(  )内の数字は研究室番号

なお、今年度は毎月各委員がHP上に海外旅行の思い出や魅力についてブログを掲載していく予定です。お楽しみに!

pic 04pic 05

pic 06pic 07

 

0102

0304

0506

0708