2年生のゼミ生へ

イラスト1

 

Y浦先生のブログで登場した、N木こと並木です。イラスト1

4月のブログのまえがきを記しておきます。続き物は、今を理解するために前回が必要ですからね。下記が4月の冒頭のブログです。

『・・・。ブログを書いている時期は、4月17日にコビット19(コロナウイルス)により全国に緊急事態宣言が発出された直後のことです。・・・学生に会えない、話せない・・・、これは病(やまい)に罹るには十分なのです。「おはよう」、「元気?」「がんばっているね」「さようなら」のない学校はさみしさで満たされています。』

 

後期は、コロナもいったん収束したかの様相でしたが2020年年末から感染者が増加し猛烈に心配しています。しかし、「おはよう」、「元気?」「がんばっているね」「さようなら」の挨拶のある中で、2021年1月13日(水)に1年生(会計学ゼミⅠ)と2年生(会計学ゼミⅢ)を面接授業で無事に終了することが出来ました。コロナから守ってくれたのは、教職員の頑張り、学校をピカピカにしてくれるお掃除のおじさん、おばさんのお仕事、そして学生の努力でしょうね。まるでハリーポッターのホグワーツの魔法学校のような鉄壁の守りでした。ダンブルドアは、学長先生でしょうか。

 

そんなことで卒業を控えた会計学ゼミⅢ2年生の思い出を記しておきます。一生忘れることのない、また歴史に残るそんな2020年度の授業の思い出です。

写真1写真2

「女性30人の中で男性2人SN君、KY君、頑張りましたね。SN君は内定おめでとう。AUさんとMOさんは、クリスマスイベントの予算管理、遅くまで頑張っていましたねぇ。AUさんは、何でも一生懸命に取り組む頑張り屋でしたねぇ。MOさんは、質問など深夜に連絡するほどの猛烈な頑張り屋でした。内定先はイエスキリストのお父さんと同じ職業の大工、いいえ建設業でした。建設業会計頑張ろうね。かわいいRKさん、スーパーサイヤ人と呼んでごめんなさい。TOさん、YKさん、ANさんは、講義が終わるとすぐに食べていた風景が焼き付いています。YKさん、ANさんのインターンシップの凛々しい姿は素敵でした。そのままインターンシップ先から内定が出ましたね。ANさん、親知らずは大丈夫ですか。前述の同じイニシャルのYKさんとNKさんは、とうとう2年間同じゼミでしたね。YSさんは後期遠隔授業でしたが連絡を絶やさず、ありがとう。MTさん、ITさんは当初名前を間違えました。ごめんなさい。マスクのせいですよ。MHさんは、簿記検定の申込に君津まで行った迅速な行動を忘れません。しかも合格ですからね。1年生の就活スタートセミナーの出演もありがとう。魅力的なRHさんは、夏休み後に一つの恋が終わったことを報告してくれてありがとう。モテる人はつらいね。WHさんはしっかり者、MHさんは背筋が伸びてきましたね。KHさんは辛抱強い性格でした。SHさん会長職ご苦労様でした。SHさん、HHさん名前が同じで最初は間違えちゃいました。SHさん、桜の季節になると名前がお似合いですよ。MMさんは、不言実行の人でした。不言でも頑張りはわかりましたよ。OMさんは、何でも参加型の積極派でしたね。YMさんは、まだたくさん会えそうです。誤解がないように、もちろん留年ではありませんよね。遊びに来てください。HMさんは、一番質問してくれました。後期末試験の最後まで、先生をMOさんと質問攻めでしたねぇ。うれしかったですよ。もうひとりHMさんは、ひそやかに咲く花のような学生でした。NMさんは、さっさと2級を合格してしまったこと忘れません。国家試験も頑張ってくださいね。これからも応援します。MMさん、大切にケーキを買って来てくれたことを思い出します。お菓子に縁があるんですね。AMさんは、最後まで先生の科目を履修してくれたやさしい学生でした。YMさんは、‘3級合格していました,とさりげなく報告をしてくれました。あのときは先生ビックリしたんですよ~。MYさんは3級を合格するほど根性があるのに就活では、先生の研究室、キャリアセンターでは泣き虫でしたねぇ。泣き顔を忘れませんよ。みんな、1年間ありがとう。こんな記憶に残るゼミはありませんでした。本当にありがとう。」

 

季節には色があります。青春(せいしゅん)・朱夏(しゅか)・白秋(はくしゅう)・玄冬(げんとう)ですね。今は玄冬の「くろ」ですが、3月15日卒業式は青春の「あお」です。「あか」に染まる前の「桜色」の中で巣だって行くゼミ生です。

 ゼミ生は、心に色を持っていました。青春の色は弾んでいると思います。弾んで色を変えていくものです。みんなその心の色に気が付かいないまま生きていくことと思います。気付いたときに振り返り、遠い過去に青春街道の2年間、一生懸命生きた良き思い出があったことに気が付くことでしょう。そのときのゼミ生の色はいったい何色に変化しているのでしょう。

送る言葉イラスト2 ※少しコロナ太りです。

~渋沢栄一(我が校の建学精神「論語と算盤」の著者、次のNHK大河の主人公)より

・ 交際の奥の手は誠実である。

・ ただそれを知っただけでは上手くいかない。好きになればその道に向かって進む。もしそれを心から楽しむことが出来れば、いかなる困難にもくじけることなく進むことができるのだ。

(by 並木)