新卒生の皆さん、お元気ですか?

過去の同窓会行事での写真です。

別れを惜しむ間もなく、バタバタといつもと違う卒業式で皆さんを送り出してから3か月、いかがお過ごしでしょうか?

皆さんが社会人になるタイミングで新型コロナウィルス禍になり、教育・保育現場は混乱と試行錯誤の日々が続いていることと思います。その中で新任として着任した皆さんは、例年の新任者が経験する以上の不安や困惑に苛まれているのではないでしょうか。6月から「新しい日常様式」の中での教育・保育現場が再開されていく中で、「再開疲れ」という言葉が聞かれています。「再開したのだから、今まで休校・休園になっていた分取り戻そう」と、頑張りすぎてしまっていませんか?

 

「先生~」と新卒生から涙の電話やメールが来るのは、コロナ禍に限らずこの時期毎年あります。誰かに助けを求めるというのは、簡単なようで、時としてはとても難しいことかもしれません。「卒業したのだから一人で頑張らなくちゃ」、「こんな小さいことで泣き言は言えない」と一人で抱え込んでいませんか?「便りがないのがいい知らせ」とは言いますが、連絡のない卒業生のことが密かに気になるこの頃です。

 

本学同窓会では、卒業生の皆さんとの交流を図る行事が毎年いくつも企画・実施されています。例年であれば、ちょうど今の時期に日帰り親睦旅行が行われていましたが、今年は残念ながら中止になってしまいました。親睦旅行のように、皆で集まって近況を語り合う場を設けることはできませんでしたが、何かあれば(何もなくても)いつでも連絡くださいね。

(佐久間美羊)

過去の同窓会行事での写真です。
過去の同窓会行事での写真です。