5月の学内

5月になって、初夏のような陽気の日も出てきました。新型コロナウィルスが流行しだした2月の頃はまだ寒かったのに、あれから桜が咲いて、もうすっかり季節は変わってしまいましたね。

いつもの年なら、GWも終わり、授業が本格的になってくるところです。学校の中も、学生のみなさんの姿が見られ、にぎやかな声が聞こえているでしょう。

ところが、今年はまだ学生のみなさんが登校できないので、学内は静寂のままです。少し寂しい校舎の中の写真を撮ってきました。1年生・2年生合わせて約700名の学生がいるはずなのに、静かで、いつまでも春休みのような学内です。

校舎5階の教員研究室フロアは、普段なら先生を訪ねに来る学生が出入りしたり、ソファーで歓談したりする姿が見られるのですが、今は誰もいません。研究室内では、千葉県在住で出勤している先生方が、遠隔授業の準備や設定で大忙しのご様子です。「遠隔授業になって、かえって忙しくなった」という声が聞かれます。
IMG_0247
《研究室フロア》

学生がいない教室なんて、がらんとしたただの空間ですね。
IMG_0254
《401教室》

自宅にPCがない学生のために、PC教室は制限付きで開放しています。利用前後で手の消毒とキーボードの清掃を行い、間隔を空けて座ってもらうようにしています。
IMG_0249
《PC自習室》

学内で一番賑やかな場所ですが、今は誰もいません。普段より、椅子やテーブルの間隔を空けて配置されています。
IMG_0255
《学生ホール》

陳腐な言葉ですが、「早く元の学校に戻ってほしい、早く学生のみなさんに会いたい」ものです。

季節は確かに変わって、外に出ると新緑の若葉がまぶしく、爽やかな風が吹いています。顔を上げると元気が出ます!

(by 井芹)