こども学科のみなさん、ご卒業おめでとうございます

IMG_9335

2020年3月15日 こども学科を巣立ち、社会へと羽ばたいていく卒業生の皆さんに、こども学科教員からの熱い想いを送ります。

◆◆◆

卒業おめでとう。新しいステージでの晴れやかな活躍を期待しています。「伸び代」が目に見える皆さんです。本学で磨いた資質をさらに磨き上げて、子どもたちのために社会のために、存分の貢献をしつづけてください。

(学長 佐久間 勝彦)

 

卒業すると、学びの世界から仕事の世界に入っていきます。

まずは「郷に入っては郷にしたがえ」です。新しく入る集団の文化に慣れましょう。そこから自分の個性を発揮しましょう。

そして「彼を知り己を知れば百戦危うからず」です。状況を良く見て相手のことよく知り、自分の存在もよく理解し、これまで学んだことを素材として、その時々の目的に応じて自分の世界を組み替えましよう。どうしようもなければ、逃げることも一つの手段です

そうして、日々、存在を豊かにし、充実した人生を過ごされることを祈ります。。

(学科長 大沼 徹)

 

卒業生の皆さん 卒業おめでとうございます。式が例年のスタイルでできなくなったことは寂しいですが、これからの皆さんの役目は『すべてこどものため』に全力で頑張ること!期待していますよ〜

(田村 俊雄)

 

2年間の短大生活での楽しい経験、友達、学んだことはあなたの大事な財産となりました。何をするにも健康第一。これからも元気で頑張ってください。いつでも来室を待っています。

(中島 千恵子)

 

4月から世に出る皆さん、先ずはルーチンを理解して、職場に貢献することを持って自立を果たしてください。厳しい現実に直面した時、迷う時は、一人で悩まず、友人や家族、恩師に相談することが大切です。頑張らなくてはいけませんが、頑張り過ぎても続きません。節度をもって物事に対処し、人生最大の目的である幸せを手に入れてください。

(高木 誠)

 

卒業、おめでとうございます!

2年間の短大生活はいかがでしたか。

様々な思いを胸に社会に踏み出していく皆さん、

どうか自分を信じて頑張ってください。

自分を大切にして生きていってください。

自分の道(人生)をしっかりと歩いて行ってください。

Live your own life.

Good luck.

(齋藤 朗)

 

ジャイアンは言いました。「友達に助けを求められて、知らん顔なんてしてられるか!」と(映画『ドラえもん のび太のアニマル惑星』より)。卒業しても、2年間過ごした仲間との絆は切れません。困ったことがあれば、遠慮せず仲間を頼りましょう。期待以上に心が軽くなります(経験談)。もちろん、あなたが仲間から頼られたら、ジャイアンになってください。「心の友よ!」卒業おめでとう。

(清水 洋生)

 

ご卒業、おめでとうございます!

短大で培った様々な力を、社会に出て存分に発揮してください。みなさんのご活躍を、心より祈っています。1日1日を楽しんで、豊かな人生を歩まれることを期待しております。

(横山 洋子)

 

勉強に学生生活に、全力で2年間を過ごしてこられた皆さん。卒業おめでとう。

今、たくさんの思い出が頭の中をめぐっています…。毎月の観察で子どもの成長に一緒に胸打たれたこと、廊下でいつも「先生!」と声をかけてくれたこと、実習に出る前は不安で涙をこらえていた人が生き生きと自信にあふれて実習から帰ってきたこと…。一人ひとりの顔が思い出と共に蘇ってきます。またいつでも、学校を訪ねてきてくださいね。

(波多野 名奈)

 

卒業生のみなさん、2年間よく頑張りましたね。「自分の限界は思っていたよりももっと先にある、自分って結構頑張れる。」と感じたのではないでしょうか。みなさんにはまだまだ伸びしろがあります(羨ましい!!)。社会に出ても精一杯頑張ってください。多くの人が保育者になりますね。私は仲間が増えて嬉しいです。今度会う時には、保育者仲間として、子どものこと、保育のことを一緒に語り合えたら、また嬉しいなぁと思っています。ここはずっとみなさんの母校です。たまには遊びに来てください。ご卒業おめでとうございます!

(浅川 繭子)

 

ご卒業おめでとうございます!2年間、がんばりましたね。予想外の状況になってしまい、ゆっくりお祝いする機会がなくなってしまったこと、本当に残念です・・・

昨秋には、大きな台風被害もありました。みなさんの多くが、実習中でしたね。これからも、私たちはこうした予想外の出来事に直面し続けるのでしょう。予想外の出来事を、どんな風に乗り越える自分、社会にしたいか、それぞれの持ち場で考えて、お互いベストを尽くしましょうね。

短大のことを思い出したら、いつでもあそびにきてください、待っています!

(磯村 陸子)

 

ご卒業、おめでとうございます。 感染症の影響を受け、この晴の日は、当初皆さんが思い描いていた卒業の日とは異なったものになったのではないかと思います。友人と思い切り抱き合って祝福しあったり、別れを惜しんだりしたかったことでしょう。そして、手を取り合って旅立ちたかっただろうと思います。 でも、この事態を受け、仲間がいかに大きな存在であったのかということが、より鮮明に確認できたのではないでしょうか。そうであるならば、ぜひその仲間をこれからも大切にしてください。そして、その仲間と連れ立ってこの短大に戻ってきて、私たち教員の研究室を訪ねてください。 ならば、別れの言葉はふさわしくないですね。次の言葉で皆さんの門出を祝福します。

2年間、ありがとう。そして、これからもよろしく!

(髙野 浩)

 

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。 皆さんはユングの「人生の正午」という考え方を聞いたことがあるでしょうか。 人間の一生を太陽の動きである24時間に当てはめて考えてみます。例えば、人生80年だとして、おぎゃーと産まれたのが、夜中の0時。そして1日を過ごし、また夜中の0時に戻ってきて1日(人生)を終えます。10代はまだ朝の3時。皆さんは沢山の夢を思い描いていた頃でしょう。そして今、皆さんは20歳。朝6時に当たります。これから1日が動き出します。1日はまだ始まったばかり。皆さんは、どのような1日を過ごすのでしょうか。卒業生の皆さんに、幸あれ!

(佐久間 美羊)

 

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!卒業記念パーティーで皆さんと思い出を語り合うことができず、本当に残念です。それでも、元気な皆さんの笑顔を卒業式で見られることはとても嬉しく楽しみです。

日々の授業、とどろき祭、保育実習、幼稚園実習と二年間という短い学生生活の中でも様々なことがありましたね。色々な場面で皆さんと関わり、成長を感じられたことを嬉しく思います。これから、社会人としての第一歩を踏み出す皆さん、自分らしさを発揮してそれぞれに活躍できますように!応援しています!。

(小倉 定枝)

 

卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。いよいよ、これからが人生の本番です。これまでは、横並びで、同じ年齢の同じような人たちの中で生きてきたと思います。ですが、これからは、年齢も生き方も考え方も価値観も全く異なる人たちの間で生きていくことになるでしょう。嫌なことや辛いことも、今後次々に襲ってくることでしょう。大人として生きていくというのは、とても大変なことです。その中で、どれだけ信念を貫き通せるか、どれだけ目の前の子どもたちと向き合い続けられるか。今、みなさんが「善い」と思うことを忘れずに、それを貫いて、それぞれの道を歩み続けてほしいと願っています。波に揉まれてなお沈まず。

(柏木恭典)

卒業おめでとう。

みなさんが出ていく社会は本当に広くて知らないことがたくさんあると思います。

いままでは気づかないところで誰かがあなたを助けてくれていました。その事の有り難さを感じることもあるでしょう。

そこでみなさんに伝えたいことは

「助けてと言える人になってください」

「助けてあげようと思ってもらえる人になってください」

困ったときは周りをよくみてみましょう。

あなたをみてくれている人がいるはずです。

(上村 麻郁)

 

2020年の春はコロナウイルスの影響で、少し残念な3月になったと感じている人が多いと思います。でも、友達と過ごした楽しかった日々も、大喧嘩したことも、実習で失敗してへこんだことも、失恋して人生が終わったと落ち込んだことも、ひろはら出版パーティや卒業パーティが中止になったことも、怖いと思っていた先生に褒められてにんまりしたことも、再履修で後輩と一緒に受講して恥ずかしかった日々も、色んな失敗を繰り返して苦しんだ末にようやく卒業できたことも、2年間の出来事は全て、いつの日か懐かしい思い出になる日がやってきます。この年になるとつくづくそう感じることが増えました。

卒業後も何か困ったことがあったら、何か幸せなことがあったら、短大に来て下さい。「何もないけど、時間があったからふらっと来ちゃった」でも構いません。たまにだったら、暇だったらお話を聞かせていただきます。ただ・・・毎日来られたら困るから程々に・・・ね。

(雨貝 太郎)

IMG_9335