PC教室の紹介

千葉県内では台風15号の被害がまだ復旧しないところもある中、先週末には台風19号が通過し、東日本に大きな被害を与えました。幸い本学には目立った被害はありませんでしたが、ご自宅や知り合いが被害に遭われたお方には心からお見舞いを申し上げます。

さて、今回は本学のPC教室を紹介します。

短大のPC教室はすべて校舎の4階にあります。授業で使う教室が3部屋、自習専用の教室が1部屋です。
・PC教室A: 学生用30台+教卓1台
・PC教室B: 学生用40台+教卓1台
・PC教室C: 学生用40台+教卓1台
・自習用PC教室: 学生用40台
学生用には全部で150台のPCがあり、これは同規模の短大の中では台数が多い方になるでしょう。
ビジネスライフ学科の学生だけでなく、こども学科の学生とも共用です。各教室にはモノクロプリンターとカラープリンターがそれぞれ設置されています。

授業が行われていないときには、授業用の教室も自習に使うことができます。授業時間外も、就職活動や宿題の課題作成などに学生がいつも利用しています。学期末には期末試験の勉強やレポート作成などで混雑することもありますが、通常は台数に十分な余裕があるようです。

すべてのPCはほぼ同じ設定になっていて、ネットワークでつながれ、どこでも変わらない環境で使えるようにしています。OSはWindows 10で、Microsoft Office 2013を入れています。すべての教室ではありませんが、グラフィックスの授業用にAdobe Photoshop / Illustrator、コンピュータ会計用の授業用に弥生会計を入れた教室もあります。それ以外にもいろいろなユーティリティソフトを入れて利便を図っています。これらのソフトは、授業で使うだけでなく、趣味や自習で使っている学生も多いようです。

学生用のPCデスクは、キーボード上にガラス面がある特別仕様のものです。ガラス面上にテキストやプリントを置いてキーボードを使うことができます。これによりタッチタイプ(キーボードを見ないでタイピングする)をマスターする動機づけになります。

《モニターとキーボード》
IMG_0021

ビジネスライフ学科では、これらのPC教室を使って、Word/Excel/PowerPointなどのOffice系ソフトについて基本操作から応用・発展までたっぷり実習します。また、プログラミングやコンピューターグラフィックスなどの授業も行っています。

授業用の教室では、学生用のPC 2台の中間に、教卓のPCと同じ画面を映すモニターを置いています。授業中にこのモニターで学生は教員の操作を間近に見ることができ、学ぶ効率が上がります。またそれとは別に、教室前方にプロジェクターとスクリーンも設置されていて、モニターと別の教材を投影したり、プレゼンテーションの練習をしたりすることができます。

《PC教室B》
IMG_0211

《PC教室C: 専門ゼミⅢで作品製作中》
IMG_0209

これからの実社会ではPCを使わないで済ませることはできません。就職先でスマホだけでは仕事はできないでしょう。学校の設備を大いに使って、PCを使いこなせるようになってほしいものです。

(by 井芹)