京都国際マンガミュージアム等の見学に行ってきました♪

 ―京都国際マンガミュージアムの見学と京都散策―

司書課程の学生で、9月6日~7日にかけて京都市にある京都国際マンガミュージアムと京都市内を見学する旅行を行ないました。

京都国際マンガミュージアムは平成18年に開館した日本最大の漫画博物館です。貴重な漫画資料をはじめ、来館者が自由に読むことができる漫画も約5万冊あります。マンガミュージアムの施設は、昭和4年に建てられた旧龍池小学校を改築して使われています。

2階の紙芝居小屋では、定期的にヤッサン一座の紙芝居口演が行われています。我々が見学した6日は、らっきょむさんの紙芝居パフォーマンスが行われていました。クイズ紙芝居や「黄金バット」の紙芝居などが口演され、笑いの中に紙芝居の歴史や口演技術についての解説がありました。紙芝居は図書館の児童サービスの中で、重要な位置を占める資料です。また近年では、高齢者向けサービスの資料としても注目をあびています。紙芝居の実演を見学することにより、図書館の仕事に触れることができ、とても有意義な見学となりました。

図書館見学の後には、各グループに分かれて、京都国立博物館などを見学しました。翌9日には、伏見稲荷神社や八坂神社、大雲院を訪れました。京都市内では、多くの社寺が台風21号による被害を受け、拝観停止や制限を行っていましたが、京都の歴史に触れることができました。(by 齊藤)

p1
《東京駅に集合、これから新幹線で・・・》

p2
《八坂神社の西楼門前にて・・・》