夏休みも学んでいます

夏休みの期間を利用して簿記検定講座が行われ、多くの学生が学んでいます。

「日商簿記検定の2級、3級合格を目指し8月、9月の2ケ月で毎年16回程度の課外講座を行っています。気をつけているのは、普段のように一斉に授業を進めるのではなく、一人ひとり個別に対応して、つまづいている箇所を克服できるようにサポートすること。一人で過去問に取り組む準備になるよう考えています」と担当する並木先生。

参加している学生からは、「将来は企業で会計や経理職として働きたいと思っています。この講座は、自分のペースで学習できとてもためになります。就職にあたり、資格があるとないとでは思うので、11月の合格を目指します」(ビジネスライフ学科 1年生)

「講座は午後の3時間ですが、いつ来ても帰ってもいいと言ってくださるので、アルバイトやインターンシップがあっても参加しやすいです。人数が少ないので質問しやすく、わからないと感じたタイミングで解決できています」(ビジネスライフ学科 1年生)と少人数の対策講座に満足して学んでいる様子が伝わってきました。

次回の日商簿記検定試験は11月に行われます。講座からたくさんの合格者が出ますように。

!cid_16565896746e0c14221 !cid_1656589982ca9c600212