学校図書館で働く司書課程修了生 -甲府市立中道南小学校訪問記-

本学の司書課程を修了した学生は、さまざまな図書館で活躍しています。

今回は、学校司書として働いているT・Sさんの職場を訪問いたしました。

7月2日(月)、快晴の中、Tさんが働いている図書館を非常勤講師の松田典之先生、そしてTさんと同じ年に卒業したS・Mさん(千葉県職員)と一緒にお邪魔しました。

Tさんは、甲府市の出身で本学を卒業後、地元にもどり甲府市立中道南小学校の図書館司書として働いています。

先ず、中道南小学校の校長先生からTさんの奮闘ぶりをお聞きし、その後学校図書館の見学、そして1年生の図書館活用の授業を拝見しました。

Tさんの子どもたちへの接し方、学校司書としての姿勢、そして図書館を使うことが楽しくなるようにしたいという思いなど、卒業後の成長は著しく、頼もしいかぎりでした。

これも校長先生をはじめ、諸先生方の暖かい目とご指導のお蔭と深く感謝するところです。

学校司書は遣り甲斐のある仕事です。司書の資格を取得したことで今の仕事についているTさんですが、その目が輝いていたことが印象的でした。

【同行したSさんの感想】

子どもたちに図書館や読書の楽しみを知ってほしい、という思いが工夫となって随所に散りばめられていて、活気ある学校図書館だと思いました。改めて司書の創造性の重要さを痛感しました。

司書課程教員:齊藤誠一

p1
《学校図書館で子どもたちに本の貸出をするTさん》

 
p2
《1年生の図書館授業では“七夕”の読み聞かせを!》

 
p3
《暖かく、時には厳しく見守ってくれる中道南小学校の校長先生(右から2人目)と一緒に!》