平成29年度 海外研修旅行 HAWAII

平成29年度の海外研修旅行は2月14日(水)~20日(火)までの5泊7日の日程で行われました。

今回参加した学生はBL学科12名、こども学科12名の全24名(全員女子)で初めから終わりまで笑顔にあふれた研修旅行でした。

 

初日

成田国際空港第1ターミナル北ウイングに18時集合。一人の遅刻もなし。体調万全、いうことなし。

ハワイ写真1
『ボーディングボード前』で全員、にっこり行ってきま~す!

20時、予定通りDL180便で出発!

機内では、隣り合った席で皆和気あいあい。

ビデオを観たり、旅先の予定を確認しあったり、機内食を楽しんだり・・・・・・。

 

Aloha

ハワイ到着も予定通り。約6時間45分のフライト。

ホノルル空港からは専用(貸し切り)大型バスで全体(全員)観光。

あいにくの雨にもかかわらず、全員元気いっぱい!

ハワイ写真2
『モアナルアガーデン』(この~♪木何の木、気になる木~♪)のCMでお父さん世代には有名)

高さ約25m、枝の広がり約40mの雄大なモンキーポッド!

ハワイ写真3
『カメハメハ大王像』ハワイ観光といえばまずはこのお方に挨拶、です。
ハワイ写真4 ハワイ写真5
『イオラニ宮殿』ハワイ王朝の歴史を勉強しました。

特に、勲章や宝飾品の数々にみんなの目の色が変わっていた!?(笑)

ハワイ写真6 ハワイ写真7
『アラモアナセンター』

ハワイでのショッピング、といえばまず真っ先に名前が挙がるのはココ!

ハワイで最初の食事(ランチ)は全員、1階の巨大なフードコートで楽しみました。

オーダーは通じたかな?支払いは間違わなかったかな?味はどう?おいしかった?

1プレートの量の多さにみんなビックリ、でした。

15時30分、ホテルに到着。ホテルは本学研修旅行の定宿「ワイキキ・サンド・ヴィラ」

ワイキキのど真ん中に位置し、後ろにアラワイ運河、メイン通りのカラカウアアベニューまで徒歩4、5分の距離。

ミーティング(ハワイでの心得や注意事項など)の後は各自部屋へ。

街に出かける者、疲れを癒し明日からの日程に備える者、様々でした。

 

2日目

本日も全体観光。

朝9時、2台の専用車に分かれて、ホテル出発。

ハワイ写真8 ハワイ写真9
最初の『ドールプランテーション』に着くまでは昨日の雨が残っていたものの、ここから一気にハワイ晴れ。ハワイ本番!

ここはバナナやパイナップル、そしてジュースなどで日本の皆さんにもお馴染み。

パイナップルアイスに舌鼓を打つ学生も・・・・・・。

ハワイ写真10
ノースショアの『ラニケアビーチ』

サーファー多数。海の美しさに誰もが魅せられました。

ハワイ写真11 ハワイ写真12
ハワイ写真13
『ハレイワタウン』ここは古き良きハワイ、「オールドハワイ」の面影を残す街として有名。

各自、ここでランチタイム。有名なシュリンプ(エビ)を食べる者、名物マツモトストアのシェイブアイスにチャレンジする者、いずれも美味!

天使の羽でポージング、すっかり天使気分なのはWho?

ハワイ写真14 ハワイ写真15
午後は 『パールハーバー』

ここは研修旅行では必ず(毎回)観光に組み込まれています。

戦争の愚かさ、悲惨さを学ぶとともに、平和の尊さをあらためて実感する場所、です。

ハワイ写真16 ハワイ写真17
『タンタラスの丘』

最高のロケーション!!

ホノルルの景色を一望、ダイヤモンドヘッドからワイキキビーチ、ホテル群、ホノルル国際空港まで270度の眺望。

16時過ぎにホテルに戻り、お疲れさま。

明日は待望の?自由行動です。

 

3日目

今日もハワイ晴れ!

グループ単位で自由行動。ショッピング、ビーチ、オプション観光(天国の海、ダイヤモンドヘッド、ディナークルーズ)などに出かけて行きました。

全員、門限の21時を守って齋藤(引率)も新井(添乗員)も一安心。

きちんとしている、本学の学生!

4日目

今日は、本研修旅行の目玉である『ハワイ大学マノア校サカマキホール』にてジャパニーズクラスの授業参加・交流です。

午前9時に大学着。広大な敷地、佇まい、雰囲気がいかにもハワイであり、海外の大学の雰囲気を十分に味わうことができました。

最初いくつかのクラス(初級、中級)に顔を出し、最後にホンダ先生のクラス(授業)に参加。英語が苦手な学生もノープロブレム。日本語を学ぶ上級クラスのため会話も弾み、楽しく充実したひとときを過ごすことができました。

また、地元のプレスも取材に来ていて近いうちに「取材記事」を送っていただくことになりました。

ハワイ写真18 ハワイ写真19
ハワイ写真20 ハワイ写真21
※数名ずつ、いくつかのグループに分かれて日本のこと、ハワイのこと、様々なことを話しあいながら交流を深めました。

コーディネートの労をとっていただいたナツコ先生、ありがとうございました。

午後は全員でワイキキに戻り、その後はグループ毎にフリータイム。

もちろん、本日もハワイ晴れ!

夏の装いで各自ワイキキを中心にハワイの空気を満喫!

 

5日目

この日も終日、自由行動。

“慣れてきた頃が危ないぞ!”と心配性の齋藤の言葉を胸に(聞き流し?)ショッピング、ハワイグルメ、ウォーターパーク、ディナークルーズと皆それぞれ。

午後から雨が降り始め、夕方からは初日以上の激しい降雨。

空を見上げてはため息、そして学生たちが無事に戻るか心配する齋藤をよそに、皆それなりに楽しんで帰って来た様子。雨なら雨で楽しむ能力は齋藤の到底およばぬところ。学生たちのたくましさに脱帽。ナイトクルーズに向かった学生たちも豪華なディナーに大満足だったようです。

ハワイの夜は今夜が最後、明日は早朝の出発。

学生はいかようにこの夜を過ごしたのでしょうか・・・・・・。

 

6日目~7日目

7時にロビー集合。

迎えの専用バスに乗車し空港へ。

フライト時間まで、空港内で自由行動。

ハワイ写真22
日本庭園を見学する者、朝食をとる者、ここでも様々。

28番ゲートからDL181便で定時、テイクオフ。

復路(帰路)は約8時間45分のフライト。

二度の食事以外はぐっすり寝入っている学生がほとんどでしたが、おそらくハワイの夢でも見ていたのではないかな?

成田空港には15時頃到着。

入国審査終了後、解団式。

迎えに来られた、保護者の皆さんに挨拶(ただいま帰りました!)

 

5泊7日、の研修旅行。

24名のほとんどが初めての海外。

いくつかのアクシデントはあったものの、怪我もなくまた体調を崩す学生もおらずまずは

祝着。

 

Mahalo


参加学生の声(感想)は以下の通りです(抜粋)

<全員>

■素晴らしい旅行だった。

□素晴らしい経験ができた。

■研修旅行に参加してよかった。

※すべて、肯定的な感想を寄せてもらいました。

<多数>

□ハワイの自然の美しさ(ノースショアの海、タンタラスの丘やダイヤモンドヘッドからの眺めに感動。

■ハワイの人たちの温かさ、優しさ、フレンドリーな対応が印象に残った(親切で笑顔が素敵だった)

□ハワイ大での時間が充実していた(年齢にかかわらず、学ぼうとする真摯な態度、好奇心の旺盛さに感動し、大いなる刺激を受けた)

■ハワイ大でもっと交流したかった。

□習慣の違いや異文化に戸惑いつつも感動。

<個人>

■英語がうまくなくても、伝えようとする気持ちが大切であることが分かった。

□パールハーバーで戦争の悲惨さを知った。

■食事の量の多さに驚いた。

□パンケーキを3回も食べた(特に紫色のウベケーキ?に度肝を抜かれた)

他。

 

最後に

私(齋藤)は常々「経験に勝る勉強はない」と学生に話しています。

ゲーテは「若者が欲するのは教えられることではなく、刺激である」といいます。

レッシング曰く「自分の経験はどんなに小さくても、百万の他人の経験よりも値打ちのある財産である」と。

今の時代は、スマホをみればあらゆる情報(ハワイのことも、それ以外の海外のことも)が入ってきます。しかし、情報は所詮情報でしかない、のです。

こころを揺さぶられるのは、自分が直に経験することではないかと私は思います。青臭い言い方をお許し願えれば自分の目で見、自分の耳で聞き、その地の風をそして空気を感じ、触れることです。認識を深め、また認識をあらためるのに実体験以上のものはないのではないでしょうか。

 

学生たちが、どのような思い出をつくり持ち帰ったか、私には彼女たちに書いてもらった感想以外に知る由もありません。しかしその思い出(経験)はこれからの彼女たちの人生にとって、また人間形成にとって不可欠のピースになることは間違いないでしょう。

 

19、20歳の感受性豊かな学生たちの5泊7日の海外研修旅行。

 

感受性豊かな今(学生の時代)だからこそ是非皆さんも、感動体験を!

“経験(体験)が感動を呼び、感動が人をつくる”

 

国際化委員会 引率教員:齋藤 朗

HAWAII研修旅行 スナップショット


スナップショット1 スナップショット2
スナップショット3 スナップショット4
スナップショット5 スナップショット6
スナップショット7 スナップショット8
スナップショット9 スナップショット10
スナップショット11 スナップショット12
スナップショット13 スナップショット14
スナップショット15 スナップショット16
スナップショット17