卒業を控え、同窓生としてのスタート

すっかり春らしくなり、卒業式まで残すところあと少しとなりました。

本学には同窓生の親睦を図る同窓会があります。各学年から数名理事を選び、理事を中心に学園祭の模擬店出店(毎年恒例の美味し~い焼き鳥は同窓会出店のもの!)、親睦旅行(昨年は東武ワールドスクエアに行きました)、懇親会などのイベントを毎年催しています。今回新理事になった2年生と同窓会役員、教職員との顔合わせ会を行いました。

まず、同窓会会長から一人ずつ委嘱状が手渡されます。

pic1

 

その後、食事を囲みながら懇談を楽しみました。同窓生の先輩方からは「社会に出たら、横のつながりだけでなく、縦のつながりが大切。」、「同窓会は様々な職種の人と出会える貴重な場」とお声掛けいただきました。卒業を控えた新同窓生の話題はやはり4月から始まる新生活について。本学入学前から就職を希望していた幼稚園に見事就職できたというAさん、公立保育園に無事合格したBさん、初めての一人暮らしを始めるというCさん、皆さん新生活に胸を高まらせている様でした。最後に「忙しい生活が始まるかもしれないけれど、また学校に遊びに来ます!」という言葉を残してくれました。

卒業生の皆さんの活躍が私たち教員の励みになっています。嬉しいことがあった時、落ち込んでしまった時、いつでも皆さんの再訪をお待ちしています。

新生活頑張れ!

(佐久間美羊)

pic2