資料請求
お問い合わせ
アクセス
内定者からのメッセージ 2021

②720342

内定者からのメッセージ

千葉経済大学短期大学部では、ひたむきに学び夢を叶えた学生が大勢います。
2021年10月25日現在、ビジネスライフ学科の内定者の声をお届けします。
随時、更新していきます。


Gさん
千葉信用金庫
(金融業・保険業)
2. Gさん

●出身校
 市原八幡高校
●取得資格
・日商簿記検定3級
・医療事務
・サービス接遇検定準1級


在学中に3つの資格を取得!
全ては内定先で活かせるものばかり

内定先、業種を希望した理由は?
 「千葉経済短大は、簿記の資格まで取れるんだ」。高校時代、オープンキャンパスの模擬授業や短大ホームページから、私が常に感じていたことです。30以上の資格取得に挑戦できるビジネスライフ学科。入学後から簿記の授業を受け、金融業にも興味がわくようになりました。内定先との出合いは1年次2月、学内での「業界研究セミナー」でした。お客様に寄り添いながら、行員の個性を活かせる場所だという発見ができたので、セミナーに参加して良かったと思います。

短期大学で役立ったキャリア支援・教育は?
 在学中にオープンキャンパススタッフとして、司会進行を務めた時は全く緊張しないのに、就職活動の「面接」になると、笑顔がこわばったり、質問に答えられなかったり。内定先の受験前、2社ほど残念な結果に終わったので、キャリアセンターに相談することにしました。まず、不安を受け止めてくださったことで、揺るぎない安心感へと変わっていきました。「普段の会話を意識するように話してみたら?」。自然体の私を引き出そうと、一生懸命考えてくださったことに感謝しています。

ビジネスライフ学科を選んで良かった!と思うことは
 業界研究の一環として、2年次4月に内定先のホームページを見ていたら、「地域推進部」の業務内容が目に飛び来んできました。地域密着型の銀行として、金融の知識だけではなく、医療の知識も持ち合わせていることが大切なのだなと感じました。そこで、はたと気づきました。千葉経済短大に入学して、私は日商簿記3級のほか、医療事務も取得できたことで、すでに金融と医療の知識が修得できているんだと。入庫後は、さらに勉強を重ねて地域推進部で働いてみたいです。


Kさん(2021BL)
株式会社
千葉銀行

(金融業・保険業)
1. Kさん

●出身校
 千葉経済大学附属高校
●取得資格
・FP3級


子どもながらに感じていた「温かい場所」へ
地域に寄り添う銀行員を目指します!

内定先、業種を希望した理由は?
 学校推薦を経て内定した千葉銀行には、幼少時から母とよく行っていました。企業の雰囲気って、お店の入口でわかるんですよね。お客様の目線に立ったご案内をする行員の方をずっと見てきたので、温かい場所なんだと子どもながらに感じていました。もともと「お金」について考えることが好きで、高校時代から商業科で簿記やマーケティングに取り組んでいました。短大入学後は、FP (ファイナンシャル・プランニング)技能検定の資格取得に励むなど、金融業を強く意識するようになりました。
 
短期大学で役立ったキャリア支援・教育は?
 千葉経済大学短期大学部は、資格取得に向けた対策講座があることも魅力です。金融資産、不動産、相続・贈与、税金など、お金と暮らしにかかわる幅広い知識が問われる「FP技能検定」。1年次の夏休み、5日間の集中講義に参加しました。まさに「試験に受かるための5日間」だったと言えます。先生は特段、何も言わずに見守ってくださるのですが、用意してくださったプリントには、証券会社で働いたご経験やFPプランナーとしての知識が豊富に活かされており、理解をより深めることができました。

ビジネスライフ学科を選んで良かった!と思うことは
 オープンキャンパスで先生方の雰囲気を見て「一生懸命、私の面倒を見てくれそうだな」と直感が働いたことは、間違いではありませんでした。感謝しています。
 就職活動時。学校推薦とはいえ、受験したSPIに不安が残り、「内定」は絶対ではないんだと急に自信をなくしてしまったことがあります。そんな時、先生にかけていただいた言葉が胸に刺さりました。「働き始めてからも、勉強はたくさんするのよ。『SPIを実施するよ』と言われているのに、できないのはまずいんじゃない? 今からそんな気持ちじゃダメよ」。社会人になっても、大切にしていきたい言葉です。


記事をお読みになり、千葉経済大学短期大学部ビジネスライフ学科にご興味ある方は、こちらもどうぞ

資料請求

オープン
キャンパス

LINE
Facebook