資料請求はこちら
交通アクセス
大沼 徹

学科長・教授 大沼 徹 オオヌマ トオル

担当科目/演習

教育原理I・II、こども学原論、教育学演習、総合演習I、教職概説

最終学歴

東京大学大学院教育学研究科学校教育学専門課程博士課程単位取得満期退学(教育学修士)

職歴

日本学術振興会奨励研究員(S.58年)
千葉経済短期大学(現千葉経済大学短期大学部)専任講師(S.63~H.2)、助教授(H.2~H.10)、教授(H.10~)
千葉経済大学非常勤講師(H.1~H.17)

所属学会

日本理論心理学会(事務局長)、日本現象学会、日本スポーツ方法学会、教授学研究の会

最近の研究内容

教育方法の現象学的研究、教育人間学の現象的研究、野球教授学

自己紹介、趣味など

きわめて大雑把で対極的にものごとを見るのが特徴ですが、こだわると気長に細部まで追求しようとします。下手の横好きとでも言いましょうか、野球のコーチや研究を長年行っています。

学生へ一言

最初はいやだと思うことも、いやいやでもいいからやってみてください。自分の幅が広がります。それから、好きなことは徹底的に。好きこそ物の上手なれ、です。つまり、バランスよく学んでください。

業績(著書・論文等)

(1982) 野球(現代スポーツ実践講座 第14巻)ぎょうせい(共著)
(1983) 授業 朝倉書店(共著)
(1989) 世界に位置づいた感覚-野球教授学へ向けての考察- 学ぶと教えるの現象学研究**
(1995) 教育の方法・技術 教育出版(共著)
(1997) 斎藤喜博の芸術論-彼の教育実践理解に向けての一考察 千葉経済大学短期大学部初等教育科研究紀要, 20
(2010) 野球の打撃における手首や手根骨の損傷の予防法-打撃スキルとの関連を含めて 科研費研究成果報告書
(2011) 小説的な授業への対話~ひとつの問~私家版(共著) その他

その他(社会における活動等)

東京大学硬式野球部監督(S.54~S.55、H.17~18)
(株)三井造船千葉事業所硬式野球部顧問(S.56~S.58)
教授学研究の会幹事世話人(H.1~H.4)
教授学研究の会会誌『事実と創造』編集委員(H.4~H.7)
日本理論心理学会運営委員(H.4~H.8)
「日本理論心理学会第39回大会」大会委員長(H.5)
日本理論心理学会事務局長(H.8~)
佐原市次世代育成支援対策地域協議会委員長(H.16)
佐原市保育所指定管理者選定委員会委員(H.16)
千葉経済学園教員免許状更新講習講師(H.21~)
(財)短期大学基準協会第三者評価員(H22、H23)
その他

資料請求

オープン
キャンパス

LINE
Facebook