パンチカード

昔はプログラムを入力するのに、パンチカードpunched card)と呼ばれるものを使っていました。

※ 画像をクリックすると拡大します。
  • 縦 83 mm × 横 187 mm のサイズの、ちょっと上質の紙でできています。
  • 縦に 12 個、横に 80 個の孔を開ける場所があります。
  • 縦に0〜2個の孔を開けて、1 文字を表します。
  • 1枚のカードで 80 文字を表せ、それが 1 行になります。



紙テープ

パンチカードだけでなく、紙テープ と呼ばれるものもありました。

※ 画像をクリックすると拡大します。
  • 幅 1 inch のサイズの紙でできたテープです。
  • 幅方向の 1 列に 8 個の孔を開ける場所があります。
  • 幅方向の 8 個の孔で1 文字を表します。(8 bit = 1 Byte !)



全体的な大きさが分かるでしょうか?

※ 画像をクリックすると拡大します。