資料請求はこちら
交通アクセス
教育への評価

本学の教育への評価

文部科学省<特色GP><学生支援GP>に採択

本学の教育実践は、文部科学省による、優れた教育・学生支援実践(Good Practice)に4度採択されています。

▶ キャリアデザインをコアとした修学支援(ビジネスライフ学科)
▶ もうひとつの学校「こども造形教室」 (こども学科)
▶ 教育実習記録集『ひろはら』を核とした教員養成(こども学科)
▶ 模試・就職対策講座などを活用したきめ細やかな支援システム(両学科)

本学の地道な取り組みが評価されたことを誇りとして、今後も一層の教育・支援の充実をめざします
「特色GP」とは
文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム<特色GP>」です。

「学生支援GP」とは
新たな社会的ニーズに対応して、真摯に取り組まれている《優れたプログラム》を支援する事業です。学生の視点に立った独自の工夫や努力により《学生の人間力》を高め、有為な社会人を育成しているプログラムが厳格な審査によって採択されます。
ビジネスライフ学科
初年度である平成19年度は全国の大学等から272件の申請があり、その中から70件が採択され、本学もその栄誉に浴しました。
高く評価されたのは、ビジネスライフ学科が17年度から新たに開始した
「キャリアデザインをコアとする修学支援策 - 自分の夢の実現をめざして - 」です。

▶平成19年度 キャリアデザインをコアとする修学支援策
ビジネスライフ学科は、各自の進路に応じて幅広い分野のフィールドから自由に科目選択ができます。しかし、「将来どういう職業に就いたらいいか」「何を学べばいいか」と悩む学生もいます。
そこで、本学科は「キャリアデザイン」という科目を導入して、まず自分の夢(キャリアゴール)の見つけ方を学びます。その夢を実現するために自分に適したフィールドやユニットを選択して学習します。その学習はさまざまな資格の取得に向かって発展的に深められ、キャリアアップした未来を開きます。

つまり、「キャリアデザイン」が修学のコアになって、フィールド制によるカリキュラム・インターンシップ・基礎ゼミ・専門ゼミ等が有機的に連携し、またキャリアセンターのサポートが「あなたの夢」の実現に寄与するのです。
こども学科
文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム<特色GP>」として、2度の栄誉に輝きました。

▶平成15年度 もう一つの学校「こども造形教室」
本学の取組【もう一つの学校「こども造形教室」】には、平成4年9月以来23年間にわたり、のべ2万人ほどの子どもたちが参加し、地域に根付いた活動となっています。

造形的な創造活動を通じ、地域の子どもたちの豊かな人間性育成に貢献したいという、この取り組みの理念と実績が評価されました。

また小学校・幼稚園の教師や保育士を志す学生が造形活動をともに行うことによって、子ども理解を深め、教職・保育職への意識を高める貴重な機会となっています。
▶平成17年度 教育実習記録集『ひろはら』を核にした教員養成
教育実習を重視する本学のこども学科は、その前身となる初等教育科が昭和52年に開設されて以来、全実習生が執筆する教育実習記録集『ひろはら』を刊行してきました。

はじめて教師・保育者の立場に立った学生は、 教えるということ・育てるということについて真剣に考え、自らの思いをことばで綴っていきます。『ひろはら』に掲載された記録は、授業で活用され、後輩たちの実習や教職への意識を高めます。身近な先輩の体験記は、公刊されている教育書とは一味違い、自分の姿と重ねながら読むことができるからです。

《実習体験の共有と継承》という役割を担って刊行してきた『ひろはら』は、本学科の伝統を築く上でかけがえのないものとなっています。
両学科
文部科学省の「大学教育・学生支援推進事業 - 学生支援推進プログラム」は、大学教育における学力向上や、教育力向上のための取組のうち、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組を選定するものです。

▶平成21年 模擬試験・就職対策講座などを活用したきめ細やかな支援システム
入学前から卒業まで、一貫した方針・態勢のもとで、学生が自分のキャリアについて考え、夢を実現するまでを支援するためのシステムです。

本学への入学予定者を対象として行われる「入学前教育」には、将来のキャリアを考えるプログラムが組み込まれ、入学後の支援システムへのスムーズな移行が可能になっています。

入学後は就職力向上のための様々な模擬試験やセミナー・講座、きめ細かな個別相談などを通じ、それぞれの学生の就職活動を支援します。
また、就職活動専用の学習室には、就職情報の収集に必要な参考図書・資料が備えられ、さらなるキャリア意識と就職力の向上をサポートします。

第三者評価の結果、適格と認定されました
第三者評価の結果、適格と認定されました
(財)短期大学基準協会は改正学校教育法に基づき、平成17年度より全国の短期大学の教育研究、組織運営、施設設備、財政等の短期大学運営のさまざまな側面にわたる認証評価制度を開始しました。

本学は24年度、同基準協会による評価を受け、すべての領域において「適格」という認定を受けることができました。

本学は今後とも教育研究等の充実向上にいっそう努力し、全国の短期大学の指針となるように努めてまいります。

平成24年度 第三者評価結果(434KB)
平成29年度 自己点検・評価報告書(3.91MB)
平成24年度 自己点検・評価報告書(2.14MB)

資料請求

オープン
キャンパス

LINE
Facebook