第9回オープンキャンパス、授業紹介Q&A

[:りんご:] いよいよ、3年生向けオープンキャンパスも、最後の回を迎えることになりました。(来年3月にもオープンキャンパスがありますが、これは2年生向けです。)

[:りんご:] 次回10月9日(土)のオープンキャンパスでは、オープンキャンパス・レポートでも紹介されていますように、次の二つの「授業紹介」が行われます。オープンキャンパス・レポートはこちら
(A)澤村教授:「国や地域を支えている税金、どれ位ありますか?」
(B)中村教授:「ディズニーに学ぶサービスの基本」

[:りんご:] そのわかりやすい解説や裏話を担当の教員に語っていただいてますので、どうぞ次をご覧ください。
 [:下:]

[:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:]

(A)澤村教授:「国や地域を支えている税金、どれ位ありますか?」
[:にこっ:]どうぞ、何でも質問してください。
[:うさぎ:]先生、税金なんて取られたくないです。なぜ支払わなくてはならないんですか?
[:にぱっ:]ちょっと、待った、待った。、たしかにお金をとられるのは痛いけれど、そのお金がなんのために使われるのかを、考えてみなくては、いけません。
[:うさぎ:]税金の使い道か・・・。
[:きゅー:]あなたは、どんな使い道を思い浮かべますか?
[:うさぎ:]うーん、そうですね、たとえば、道路を建設するとか、それから、新型インフルが流行したときには、予防接種の料金を政府が補助してくれたり・・・。
[:にこっ:]そうなんです。税金は、わたしたちが生活する上で、最低限必要なモノを国民に提供するために使われるんです。
[:うさぎ:]そうか、お金を支払うことと、それによってわたしたちが受け取るモノやサービスと、両方を考えなくてはいけないということなんですね。
[:にぱっ:]そうです。つまり、税金は、わたしたちが自分の国で生活するために必要な費用(コスト)なんです。費用は、(1)教育、(2)都市の整備、(3)保健衛生、(4)警察・消防、などにかかるものです。
[:うさぎ:]そうか、わたしたちの日々の暮らしに必要な費用を、税金として支払っているのですね。
[:にぱっ:]そうなんです。
[:うさぎ:]ところで、税金にはどんな種類があるのですか?
[:にこっ:]所得税、法人税、相続税など、いろんな種類があります。たぶん、みなさんにとっていちばん身近な税金は、消費税かな。コンビニなどで買い物をすれば、皆さんはその値段の5%を支払っていますね。
[:うさぎ:]消費税の5%は、納める私たちの側からも大体わかります。では、所得税や法人税などは、どういう税金なんですか。
[:にかっ:]所得税は、収入にかかる税金です。給与にかかる税金もそのひとつです。また法人税は企業の利潤にかかる税金・・・
[:うさぎ:]うーん、複雑なんですね。次回のオープンキャンパスでは、税金の種類なども、教えてもらえるのですか。
[:きゅー:]はい。授業では、税金の種類はもちろんのこと、これらの税がわたしたちの生活とどのように関連しあっているのか。身近な問題からわかりやすく説明します。

[:チョキ:]税金のことなら何でも澤村先生に聞いてください[:チョキ:]
[:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:] [:四葉:]

(B)中村教授:「ディズニーに学ぶサービスの基本」
[:うさぎ:]先生の授業ではディズニーランドに「勉強」をしに行くというのは本当ですか?
[:にぱっ:]はい、そのとおりですよ。「サービス経済論」という授業の一環としてね。
[:うさぎ:]えっ!でもディズニーランドって「遊ぶ」ところでしょう?
 それなのにどうして「勉強」なんですか?
[:にこっ:]ふふん、確かにそんな疑問が起きてくるよね。
 でも実はね、ディズニーランドは「遊びの場」であると同時に「学びの場」でもあるんだよ。
 これは、創設者のウォルト・ディズニー自身の考え方でもあるんだ。
[:うさぎ:]へ~!ウォルトさんは、どんなことを言ってたんですか?
[:にこっ:]ウォルトは、自分たちの使命をこんなふうに定義してたんだ。
 「私たちの仕事は人びとのため、とくに子どもたちのために幸せを創造することである」とね。
 そして、ウォルトがアメリカにはじめてディズニーランドをつくった時に大切にしたことは、「積極的に未知の世界を訪ね、自発的に学ぶことの楽しさを子どもたちに伝えていくこと」だったんだ。
[:うさぎ:]わ~素晴らしい!すごく教育的なんですね!
[:にぱっ:]つまり、ウォルトは、夢を与え幸せをつくりだす自分たちの活動やスピリットを、子どもたち自身のものにして欲しいと思っていたんだね。
[:うさぎ:]夢や感動・幸せの創造を私たち自身の手でということですね。
[:にぱっ:]そう、夢と感動を与える方法を、みんなにもつかんで欲しいと思っていたわけだね。
 それと、夢と感動・幸せを与えるというのは、すべてのビジネスとっても大切なことだよね。
 つまり、すべてのビジネスには「ディズニー的要素」が必要だということになるんだね。
[:うさぎ:]なるほど、そうですよね。
[:にぱっ:]だから、病院関係者、金融関係者、製造業の人、小売業界の人、それに学校関係者まで、世界中のさまざまな業界人びとが、ディズニーに勉強に行ってるんだよ。
[:うさぎ:]う~ん!ディズーって、ただ遊ぶだけのところかと思っていたけど、そんなにも大切な勉強ができる場所だったんですね。
[:にぱっ:]私の授業を受けると、ディズニーからどんなふうに学んでいったらいいかが、良く分かってくるよ。
 授業を受けてからディズニーに行くと、今まで何気なく見ていたことが全然違って見えてくるんだ。
[:うさぎ:]わぁ~!すごい!先生の授業是非受けてみたいです。
[:にかっ:]それは嬉しいな!それでは、まずは、今度のオープンキャンパスに是非いらしてみてください。

[:ハート:]今年の1月に授業でディズニーランドに体験学習に行って、
沢山の新しい発見をしました
[:ダイヤ:]