平成26年度 保育士資格取得のための特例講座がスタートしました

平成27年4月より新たに「幼保連携型認定こども園」が制度化されることとなりました。「幼保連携型認定こども園」は学校教育と保育を提供する施設であるため、そこで働く「保育教諭」については、「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方の免許・資格を有することを原則とし、新たな制度の施行から5年間は、幼稚園教諭免許状または、保育士資格のいずれかを有していれば「保育教諭」となることができる経過措置があります。

_7

本学では植草学園短期大学、千葉明徳短期大学と連携して幼稚園教諭免許状と保育士資格を併有していない方のために「幼稚園教諭免許状取得のための特例講座」及び「保育士資格取得のための特例講座」を開講しています。

029_0

この夏は本学を会場として集中講座として「保育士取得のための特例講座」を開講。8/4(月)~8/8(金)まで植草学園大学発達教育学部の小川晶講師による「福祉と養護」の授業が行われ40名を超える幼稚園教諭の皆さんが参加しました。

 

 

 

 

016_1

次回は8/18(月)から「相談支援」、8/25からは「保健と食と栄養」の授業が夏季集中講座として行われます。