ディズニーランドで体験学習?!

【不定期連載 授業紹介:サービスビジネス論】

「ディズニーランドに”勉強”しに行ってきました!」というと、ビックリする人もいるかも知れません。
冬休み中の1月6日(火)、ビジネスライフ学科「サービスビジネス論」の受講者50人が、東京ディズニーランドで学外体験学習を行いました。
この授業のテーマは「顧客に感動を与えるサービスとは何か?―ディズニーを通して見る」。サービスビジネス界の王様ウォルト・ディズニー社の経営戦略の分析を通して、驚異のリピーター率を生み出す秘密(ノウハウ)を明らかにしていきます。
その鍵となるのが「ディズニーマジック」と言われるもの。それは、「キャストのマジック」、「セットのマジック」、「プロセスのマジック」という三つのマジックから構成されています。
講義で学んだこれらの魔法の秘密を実際に体験して確かめてみるのが、今回の体験学習です。秘密を知った上でディズニーに行くと、これまで見慣れてきた風景が、今までとは違った形で見えてきます。そのとき、ディズニーランドは「遊びの場」から「学びの場」へと変化するのです。
参加した学生たちはきっと、お客様に感動を与えるサービスの大切なポイントをたくさんつかんだことでしょう。

2015-0116-1136_0 2015-0116-1137_0