新著『私の保育 総点検』

子ども学科の横山洋子です。8月1日に中央法規から出版した著書をご紹介させていただきます。

ypiccover

自分の保育を振り返り、「あの援助はあの子にとって適切だったかな?」「この子はこの遊びを通して、このような面がずいぶん育ってきたぞ」と、子どもの育ちを確かめ、自分の援助を検討することは、保育の質を向上させる上で欠かすことのできない営みです。

「子どもが喜んで活動していた」「子どもが自ら意欲的に考え始めた」などの姿を見ると嬉しくなり、自分をほめたくなります。一方やる気のない子どもたちを叱咤激励しながら練習させていた日は、「私、こわい先生になってるわ」と落ちこむかもしれません。

さあ、「私の保育」を総点検してみましょう。今まであたり前だと思ってやってきたことが、本当に子どものためになっていたのか確認しましょう。よかれと思っていた援助が子どもに間違った方向づけをしてしまう場合もあるのです。

この本では74の保育のNG場面を取り上げました。「あ!やってる!」と思わずつぶやく場面があるかもしれません。その保育のどこが問題なのか、どのように対応すべきなのかも詳しく解説しています。

 ypic56 ypic114

さらに、マナーのNGも取り上げました。身だしなみ、あいさつ、立ち居振る舞い、言葉づかいなど、ハッとすることがあるかもしれません。

ypic148

また、保護者対応のNGも示しています。

ypic136

ハッとしたということは、何かに気付いたということ。気づいたならば、自分は変われるということ。よりよい保育者になるためのステップを1段、また1段と上がっていきましょう。

(横山洋子)