情報活用研究ゼミ

今年度前期(4月~7月)の西川担当の2年生のゼミについて簡単に紹介します。
池上彰著「はじめてのサイエンス」(NHK出版新書)をテキストにして、序章の
「科学とは…」を全員で交代して読み進めた後、以下の章で扱われている現代の
サイエンスの大きな6テーマの中から各自が興味を持ったテーマを選んで、本書
の内容を基に、さらに最新のデータなどを調べて発表する形式で進めた。

これは、テレビや新聞などのマスコミ及びインターネットなどを通して日頃見聞
きするニュースなどの中から、重要かつ正しい情報を選択し、それに対して学生
として自分なりの意見や感想を持ち、またそれらのことを他の人に分かりやすく
話すことができるようになる一助になればと考えてのことである。そのような意
味でゼミの名前に、「情報活用」と銘打っている。

その結果、地球温暖化について7人、地震について4人、生命誕生について2人、
移植・再生医療について1人、水素エネルギーについて1人の発表となった。自分
の選んだテーマについてより理解を深めることができた、また他の人の発表を聞
いて、見聞を広めることができたり、発表(プレゼンテーション)の仕方が参考
になったりなどと、好意的な感想が多く、こちらもひとまずほっとしたところで
ある。このような大きな問題に対して、近い将来の予測などが簡単にはできない
ことを理解しつつ、科学的な正しいものの見方、考え方をするきっかけとなれば
と考えている。(by 西川)

西川ゼミ
西川ゼミ