教育実習報告会

千葉経済大学短期大学部 こども学科の2年次生 は、9月の1ヶ月間、小学校・幼稚園教育実習 を行ってきました。
今日は、一回りも二回りも成長して大学に戻ってきた2年次生による、教育実習報告会 の模様をお伝えしたいと思います。


各クラスに分かれ、教員や1年次生の前で 自分の学びや課題を1人1人発表します。
[:ねこ:] 「1日実習だけでは分からない子どもの成長を、1ヶ月の実習だと感じ取ることができました。」
[:いぬ:] 「1年生の時は、子どもが泣いていたら駈け寄りたくなってしまっていたが、実習を重ねることで、子どもが何を願っているのか、教師としての視点を持って取り組めるようになってきました。」

入学してから1年半で2年次生はこんなに成長しました[:四葉:]。
1年次生による質問にも堂々と答える姿はさすが2年次生ですね。

1年次生も、先輩の言葉を聞きもらすまいと、メモを一生懸命取って聞き入っていました。
[:初心者:] 「来年になって自分はちゃんとできるのか、という不安があります[:雲:]。しかし、先輩たちのように新しい1年生に自分の経験をきちんと伝えられるようになりたいです。」
実習での学びは今後、実習記録集『ひろはら』としてまとめられます。