研究室訪問 高木誠先生(ピアノ授業担当) その2


[:上:]6月におこなわれた第2回オープンキャンパスでの模擬授業の様子です。「初心者でも確実に上達するピアノ練習法」と題し、高木誠(たかぎ まこと)先生により行われました。スクリーンには日ごろの授業風景が映し出されています。
[:花:]ピアノ練習が楽しそうでした。ピアノの上達のしかたをくわしく教えてもらえたからよかったです。
[:花:]ピアノができるか不安だったけど、経済(=千葉経済短大)のやり方だったら自分にも少しできるかもと自信がもてました。
[:花:]自分はピアノが一番不安でしたが、今日の話を聞いていて、少し安心しましたし、今の練習が間違っていたことに気付きました。よかったです。

[:上:]参加者のみなさんに書いていただいたアンケートから、このような感想が多数寄せられました。

[:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:]  [:ダイヤ:][:ダイヤ:]  [:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:]  [:ダイヤ:][:ダイヤ:]  [:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:]

前期の試験も終わり、待ちに待った夏休み[:太陽:]
休暇中にも学内では集中授業が行われます。
そのひとつが「ピアノ簡易奏法」[:音符:] 2年生を対象に、8/10からはじまっています。ご指導くださるのはもちろん高木先生[:にぱっ:]、そして平野先生[:女性:]のおふたりです。
この授業に参加しているのは、「ピアノ演奏に自信がなくて…[:汗:]」という人たち。人前で演奏するとあがってしまってうまく弾けなくなる人や、初見演奏に不安を感じる人にもおすすめしています。
この時期にこの集中授業を行っているのには、ふか~い理由がありま
す[:下:]
こども学科の2年生は9月に幼稚園や小学校での教育実習を控えています。また、実習を終えた後には、就職活動が本格化します。幼稚園や保育所の採用試験にはピアノ演奏が含まれることもが少なくありません。
保育・教育現場においては、間違えずに弾くことも大切ですが、音楽を生き生きと伝え、子どもから歌いたい気持ちを引き出すことがそれ以上に重要です。それには「間違えそうだ…[:汗:]」という不安を解消しておくことが必要です。
そこで、ピアノ簡易奏法では、教材の持ち味を損なわない範囲で、左手の伴奏を間違えようもなく簡単にしてしまう方法を学びます。このことは、ピアノ試験の中でも最も対策の立てにくい「初見演奏」に対応することにもつながります。
つまり、教育実習や就職試験にそなえてより実戦的な力をつける!という目的がこの授業には含まれているのです。

履修しているみなさん、高木先生・平野先生といっしょにガンバレ~[:グー:]
このように、本学のピアノ指導は初心者の方たちのこともよ~く考えて進められています。このことは、オープンキャンパスで高木先生の模擬授業にご参加いただいたみなさんにも、ご理解いただけましたよね。
6/17の本ブログ記事もご覧ください。高木先生へのインタビューを掲載しています。)
[:下:]オープンキャンパス模擬授業のようす

会場のみなさんと一緒に歌いながら[:音符:]
保育・初等教育の現場で子どもたちと一緒に歌うときのピアノ演奏の特徴を、みなさんに体験しながら理解してていただきました。子どもに新しい曲を指導する際には、歌のはじまる前に「1、2、3、ハイ!」などと声をかける必要があります。その必要性を理解していただくとともに、声かけの方法を紹介しました。

本学独自のDVD教材をご紹介。すごいでしょ[:にぱっ:]
あわせて、自宅での練習法も説明しました。

千葉経済短大こども学科では、初心者の方だけでなく、すべての学生さんに、その人のレベルに合わせた個別指導を行っています。もちろん、ピアノが得意な方にも、さらにレベルをアップさせる指導が行われています。
その成果は毎年、とどろき祭(本学の学祭です)で披露されます。こちらにもぜひお越しくださいね。 

[:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:]  [:ダイヤ:][:ダイヤ:]  [:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:]  [:ダイヤ:][:ダイヤ:]  [:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:][:クラブ:]

「第2回のオープンキャンパス、参加できなかった[:しくしく:]」という方、
                                    ご心配なく[:チョキ:]
次回オープンキャンパス模擬授業 
            「ピアノの弾き歌いをマスターしよう」

8/21(土)の第6回のオープンキャンパスでは、高木先生が再び登場。
今回は、初心者にとってはとりわけ、またピアノを習ってきた方にも難しく感じられる「ピアノの弾き歌い」について、その攻略方法をお伝えします。
「ピアノの弾き歌い」は、歌唱指導をする際に最も力を発揮するテクニックです。高木先生によって独自につくれらた教科書は、もちろんそのことも視野に入れて編集されています。ピアノ演奏だけでも大変そうなのに、どうすれば弾き歌いができるようになるのでしょうか…???
どうぞご期待ください。みなさんのご来校を楽しみにお待ちしています[:音符:]