研究室訪問 高木誠先生(ピアノ授業担当)


芸術の香り高いピアノの音色
誰もが憧れる世界だけれど、
うまく弾けない人はちょっと気おくれしてしまう…
今日は高木誠先生にそういう在校生・高校生へのメッセージもいただきました。


[:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:]

先生の素顔
[:四葉:]高木先生といえばやっぱりピアノ。月並みな質問で恐縮ですが、ピアノは何歳からはじめられたのですか?
オルガンを経て、4歳頃だったと記憶しています。
[:四葉:]毎朝、1限の授業が始まる前に練習されてますね。1日の練習時間はどれくらいですか?
2~3時間は確保したいと念じていますが、なかなか果たせません。
[:四葉:]いろいろと忙しい中で、コンスタントな練習をするのは大変なことと思うのですが、先生ほどの方も「今日は練習の気分じゃないな…」なんて思われることはあるのでしょうか?
大変重要なご指摘で、もちろんあります。練習へのモティベーションは、こう弾きたいという願望と、それが叶わない現実との落差から生まれます。
練習せねばならないという克己心は大切ですが、方向のない練習は時間の無駄です。ですから、ワクワクするような気分を日々保つという生活のデザインが第一歩で、かつ全てと言えます。
また、その前提となる心身の健康も大切です。

[:四葉:]まさにプロ!! 生活全体における自己管理、自己コントロールですね。
[:四葉:]ところで、ピアノ曲の中で思い出深い曲やお気に入りの曲、たくさんあると思うのですが、とびきりのものを1つ挙げるとすると?
1曲という限定は困難ですが、プロコフィエフのソナタ第7番を挙げます。
私の本来の願望はジャズピアニストでしたが、才能と人生における突破力のなさを悟り、クラシックに出戻りました。そのきっかけとなったのがこの曲です。

[:四葉:]ジャズピアニストを目指していらした、というお話にとても魅かれますが…このお話の続きは次回のお楽しみです。
[:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:][:音符:]
ピアノ初心者の在学生・高校生へ
[:四葉:]ここからは本学でのピアノ指導について伺います。
保育・初等教育の道を目指す人には必須のピアノですが、初心者には悩みの種となることもあるようです。先日も、私が相談教員になっている1年生が「がんばっているけど、指が思うように動かない」と嘆いていたのですが…
初心者の皆さんは、ピアノの弾けることは、指が動くことだと思われるし、それは見た目に自然なことです。しかし、ピアノを弾くことは、楽譜を「読み」、指で「弾き」、発せられた音を「聴く」という一連の作業なのです。
 
つまり、「弾く」という見た目の部分だけでなく、その前後の行為も同様に大切なのです。
本学では、教材のCDとDVDを作成して配布しておりますが、楽譜を読みながらこれらを聴くという努力が足りません。というか、あまり重要性を理解しない人が多いのです。
練習している割に上達しないと感じている人こそ、配布済みの視聴覚教材をもっと活用してください。

[:四葉:]なるほど!! 「できない、できない」と思い悩むのではなく、できるようになる道を知り、その道の上をコツコツと進んでいくことが大事なのですね。その道筋はすでに先生が用意してくださっているわけですから、学生の皆さんは、安心してその道を進めばいいんですよね。
[:四葉:]本学入学を目指している高校生の方からも「全く弾けないので、入学前から習いに行くほうがよいですか?」というような質問をうけることがあります。こういう心配を抱えている人たちにもアドバイスをお願いします。
ピアノ教室に通う時間的、経済的余裕があって、ご近所に適当な先生がおられたら、入学前に習い始めることも良いと思います。
しかし、高3にうちに習い始めた学生と、入学後に始めた学生との差は、6~7月には無くなってしまう傾向が強いです。その理由は、上達を左右する最大の要因が、各自の持つ音感、リズム感といった音楽的適性で、次に、上に述べた正しい学習法の実行にあるからです。
また、本学における指導内容は、保育士、幼稚園教諭等の職能に的を絞っていますから、一般的なピアノ教室の教材とはややずれます。
話が突然それるようですが、皆さん、決められた時刻に遅刻しない人ですか?  約束の守れる人ですか? 
ピアノとは無関係なようなこうした資質こそ、ピアノの上達を大きく左右します。
逆に言えば、普通に努力できる人であれば、本学のピアノ担当者は、きっと皆さんをピアノの弾ける人に育ててみせます。

模擬授業お楽しみに[:にかっ:]

次回のオープンキャンパス(6/26(土)14:00~)では、高木先生による模擬授業「初心者でも確実に上達するピアノ練習法」が予定されています。
その時に、ピアノ学習の秘密兵器教材もご覧いただけます。
個別相談では、高木先生と直接お話しすることもできますよ。
高校生のみなさん、どうぞお越しくださいね。

[:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:][:花:]