こども学科におけるピアノについて

IMG_0214

本学に赴任して以来、一貫してピアノ指導に関わっています。そんな仕事柄、現場の先生方より、学生や卒業生のピアノについて苦情を伺うことも多く、やや複雑な気持ちです。学生がこの分野に職責を果たせない場合、音楽関連科目が総合的に問題にされるべきです。しかし音楽分野の職能不全はピアノの巧拙という単純化された形で意識されるようで、従って、ピアノ担当者にその責が求められる展開となるのです。

IMG_0214

本学のピアノ指導において、最初に充たすべき目標は職能の育成です。もっと広範な芸術教育を否定するつもりはありませんが、学科の使命として、まずは職責を果たす事を第一義とし、そのレベルを充足した者であって、さらに希望する者に対しては、職能の域を越えた芸術教育と実施すべきと考えます。

とはいえ、職能教育と芸術教育とは対立するものではありません。単純な幼児向け歌唱教材を生き生きと表現することは、音楽の最も大切な原点です。偉大な音楽家の誰もが最初は子どもでした。その子どもが皆、保育園、幼稚園で楽しい音楽に接し、表現するといった体験を積むのですから、その担い手となる保育者が正しい音楽表現法を身に付けることは、芸術教育としても大切な事です。

担当している「器楽Ⅰ」においては、最初から他者(=こども)を意識した演奏を目指します。つまり保育者のイメージする音楽を子どもに伝えるとい観点から、リズムを強く意識し、歌い始めの合図を送り、途中で停滞することなく最後まで表現しきる演奏を良しとします。これに加え、夏の「簡易奏法」(=集中授業)では、様々な曲を簡易伴奏付き譜面に書き直し、レパートリーを拡充します。子どもの音楽的進化をたどり、皆さんご自身も音楽的に成長していくことで目的は達成されます。毎日ピアノに向ってください。今は辛くても、秋にはきっと楽しくなってくるはずです。

 (高木 誠)

pic1
黙々と自主練中。がんばって!