「身の回りに生き物が増えました」

egamiphoto
こんにちは。ビジネスライフ学科でコンピュータ・情報関連科目を担当している江上です。
最近、身の回りに生き物が増えました。
というのは学校のことではなく、完全に個人的な家族での話題です。
まぁ、こどもが大きくなって活動的になったためなんですが。

アリさん・ダンゴムシくんに始まり、セミ・バッタ・カマキリ・カブトムシ・クワガタ・・・。
特に夏場は、こどもが持ち帰った虫たちで家の中がにぎやかになります。

友達からもらったというイモムシがいきなり登場し、何を食べるのか調べ、その葉っぱを探しまわったこともありました。
それから、ベランダで栽培している野菜に立派なタマムシがとまっているのを見つけました。
いやぁ、捕まえたのは初めてです!
なるほど玉虫色とはよく言ったもので、その美しさに目を奪われました。
カブトムシ・クワガタは自宅前の街灯に飛んできたものを捕まえたり。家は短大の近くなんですけどね。
私は千葉で生活して久しいのですが、改めてその自然の豊かさに驚いています。

これまでも身の回りに生き物がいたと思うんですが、興味がないと全く気が付かないものなんですね。
政令指令都市のまちなかということで、ろくに調べもせずにいないだろうと思い込んでいました。盲点でした、本当に。

そして先日の学園祭「金魚すくい」でメダカ・金魚に到達!難易度上がってきたぞ!

こうした生き物たちは、いつしか家族の一員になったような気がして、元気にしているかと機会があるごとに見てしまいます。
自分のこどものころの記憶や、インターネット上の情報(とにかく便利)を参考にしながら、生き物を世話して育てることの大変さや驚きを再学習する、そんな毎日を送ってます。(by 江上)