平成23年度卒業式

3月15日(木)平成23年度卒業式が挙行されました。
前の週からグズグズした天気が続き心配していたのですが、当日は快晴で気温も13度を超えました。天が卒業生の前途を祝福するかのようです。昨年度はあの震災のため卒業式が中止となっただけに、きれいに着飾った卒業生が式場に集う光景には感慨を禁じえません。

  


午前10時30分より卒業証書授与式が始まりました。
卒業証書等の授与に続き、学長先生から卒業生に「幸福量」を測る物差しについてお話をいただきました。中央アジアのブータンという国は人口がわずか70万人にも満たず、国民1人あたりの実質年間GDPが12万円程度の小国ですが、国民の97%が幸福だと感じているといいます。私たち日本人が自らの価値観を見直すのによい参考となるでしょう。
「お金はないが、幸せいっぱい」という、ブータンの人々に対する私たちの「郷愁」にも似た感情は、昭和30年代を舞台とした映画『ALWAYS 三丁目の夕日 ’64』を観たときの感動と似通っていますね。


「卒業式」のことを英語でCommencement Day(始まりの日)ということがあります。人生の新しい段階の始まり、ということでしょう。卒業式という、厳粛なイベントが本学卒業生の皆さんにとって良き「始まりの日」となることを願ってやみません。