コンピュータマスターゼミI(b) 西川ゼミ

コンピュータマスターフィールドで主として1年生のパーソナルコンピュータの実習科目を担当している西川と申します。今回は2011年度の1年生の専門ゼミについて簡単に紹介します。写真は実習室での授業風景です。このブログの他のトピックスの写真の中にも私が小さく登場しています、探してみてください。

実習室での授業風景


今年の1年生の西川ゼミのメンバーは?
[:右:]前期末の7月末、ガイダンスで各先生の話を聞いて、各自希望を出した結果、西川ゼミに第一志望で集まったのは、なでしこ8人、侍1人のナイン(私の好きな野球のチームが作れる!)です。
ゼミの後半で実習はどのようなことをしましたか?
[:右:]今年度の1年生のゼミでは、2010年の重大ニュース、出来事、話題などの中から各自で適当なテーマを設定し、
(1)内容を文献とインターネット上の情報を使って詳しく調べ、自分の意見、感想などを付け加えてレポートにまとめる、
(2)レポートをもとにプレゼンテーションソフトを用いて発表する、
ということを行いました。
学生さんはどのようなテーマを選びましたか?
[:右:]9人のメンバーがそれぞれ設定したテーマ(順不同)は、
・少子高齢化について
・無人探査船はやぶさ
・税と社会保障の一体改革
・地球温暖化
・チリ鉱山落盤事故(2人)
・電子書籍について
・裁判員制度について
・就職超氷河期について
ということで、意外?と硬く大きなテーマに取り組んでくれました。
期末のまとめはどのようなことをしましたか?
[:右:]最後の授業で、1人6~7分ずつコンピュータでスライドを用いて発表し、質問を受けました。
[:右:]その後、自分の発表で良かったことや反省点、他の人の発表を聞いて気がついたことなどをレポートしてもらいました。
学生さんの感想はいかがでしたか?
[:右:]自分で調べることにより、ニュースについて深く詳しく知ることができた。
[:右:]人前で発表し、よい経験になった。
[:右:]スライドでは文字の大きさを変えたりや色に変化をつけたりする、図や表、グラフを入れる、などの工夫で見やすく、分かりやすくなり、いろいろな発表を見て参考になった。
[:右:]スライドに文章を入れ過ぎて、原稿を読むだけになってしまったのが反省点。
[:右:]聞き手に分かりやすく説明することは意外と難しく、発表するのには練習がもっと必要だった。
などなど、皆さん良かったことともに今後の課題もしっかり見つけたようでした。
教員から一言、二言
[:右:]私のゼミの実習ではレポートや発表の大雑把な形式は定めていますが、テーマの選択から内容などについては学生さんに任せて、私は後ろで見ていて時々アドバイスをしながら進めております。自らいろいろ試してみて、気がついて、学んでもらえればと思っています。
[:右:] レポート-->発表と段階を踏んで進めたので内容は大分整理できて良かったです。発表の時には、レポートの文章から要点をまとめてスライドを作り、話し言葉で原稿を作らないと上手くできないというところで皆さん苦労しました。これを機にさらなるステップアップを目ざしてもらえば幸いです。
[:右:]2年生でメンバーは入れ替わりますが、2年生のゼミでも続けて、できればとどろき祭(大学祭)でお客様の前で発表ができればとひそかに思っています。