マナー講座を実施しました

7月22日金曜日、元習志野市公立保育園園長で現在は淑徳大学で講師として活躍されている宮崎絹子先生をお迎えし、こども学科1年生が教育・保育の場面で必要となるマナー、社会人としての基本的スキルを学びました。先生は、最も大切なコミュニケーションツールは挨拶であること、身だしなみを整えることが印象アップにつながることなどを具体的にわかりやすくお話しくださいました。

また、併せてキャリアセンター、こども学科就職部からは小学校、公立幼稚園・保育所への採用試験対策となる短期大学部進路支援講座実施の案内も行いました。

来週から行われる前期試験が終わると、1年生は初めての長い夏休みを迎えます。短大の2年間を有意義に過ごすために、「まだ先」ではなく、少しでも就職や実習を意識する良いきっかけとしてください。

P1060446 P1060449