東京証券取引所と日本銀行を見学しました

 2月25日(金) FPゼミは、東京証券取引所と日本銀行を見学しました。
1:00 東京証券取引所に集合      
 (東京証券取引所は、東京:茅場町にあります。遅刻者なし、ヨカッタ!) 
  DVDで取引所のおよよその様子を見て、いよいよ見学開始。    
 [:きつね:]証券取引所って何をするところですか?
    有価証券(株式など)を売買するところです。
 [:ぶた:]株式の売買の様子を見えますか?
    現在、取引はコピュータで行われますから見えません。でも取引の結果は、電光掲示板にリアルタイムで表示されています。
 [:パンダ:]グルグル回っている電光掲示、テレビでよく見ますヨ。
       チッカーというのです。ここは以前、立会場と言って実際に株式が売買されていた所です。
       今は、取引状況をコンピュターで管理する方がいるだけです。
      つぎは、証券資料ホールで、東証の歴史を学びます。
      明治11年の創設時の取引の様子や、日本で最初の株券などを見ることができます。
 
2:30 見学終了。 
      
  
 これから、日本銀行へ歩いて行きます
 [:ねずみ:]エー、歩いてですか?
          東京見物をしながら行きましょう。まず、日本で最初の郵便局、「日本橋郵便局」の前を通って、日本橋を渡ります。それから、三越百貨店、三井住友銀行本店を曲がると、日銀が見えてきました。
 [:ぶた:]あの立派な、古い建物ですか。
       明治29年に建てられて、現在は国の重要文化財です。     

 3:00 日本銀行に到着。   
  DVDを見て、さあ、見学です
 [:パンダ:]金色のエレベーター、すごい!  
     このエレベーターは、日本で2番目に作られたものです。
  エレベーターを降りると、そこには昔の日銀総裁室があります。その先の廊下には、歴代の日銀総裁の肖像画がズラリと掛けられています。
  それから、またエレベーターに乗って、地下へ。

 [:うさぎ:]ワー、金庫だ。
    明治29年から平成16年まで使用されていました。金の延べ棒や、お札がここに保管されていました。
 [:きつね:]金庫の扉、頑丈ですね?
    そうです、厚さ95センチ、重さ25トン、・・・
   見学の後、日本銀行の役割について講義を受けました。
   現場で働いていらっしゃる方からのお話は、とてもリアルで迫力がありました。
   厳しい日本経済の状況の中で、日本銀行が果たしている大切な役割をよく理解できました。

4:30 講義終了       
     今日は、色々なことを楽しく学べました。では、また学校でお会いしましょう。