ビジネスライフ学科学生が韓国・仁徳大学を訪問

3月2日~5日、2名の先生の引率の下、ビジネスライフ学科の10名の学生が韓国を訪問し、仁徳大学国際教育センター日本語科の教授や学生の皆さんと交流を行いました。学生たちは授業に参加していろいろ質問を受けながら交流し、同行した本学の千代田講師が韓国の学生の日本の挨拶の仕方を教えました。

image1image5

仁徳大学の学生の皆さんは、食事や町の案内など学外でも一生懸命に面倒を見てくださり、参加した本学の学生たちは大いに刺激を受けていました。学生たちを引率くださった千代田先生は、「やはり生での体験は人を大きく成長させます。近年の若者はSNSなどバーチャルな世界に傾倒しがちですが、人との接触や体験が少ないと多様性を認め合う心がなかなか養われないように感じます。今後の講義では、体験の重要性をより強く伝えていきたいと思います」と今回の感想を話してくださいました。

image3image7