資料請求はこちら
交通アクセス
学生の声

学生の声

Uさん

Uさん
こども学科初等教育コース
4年制大学を卒業後、短大に入学。
人間的な厚みのある教育者をめざします。


昔から漠然と幼稚園の先生になりたいと思っていましたが、高3の時にはまだ将来がはっきりイメージできず、なんとなく付属の大学に進学しました。でも旅行でいろんな国の子どもに出会い「やっぱり子どもと接する仕事がしたい」と思うようになり、改めてこの短大に入学しました。時間に余裕のある4年制大学に比べ、毎日授業や課題がたくさんあり、とても忙しく、充実した日々を過ごすことができました。この学校で学んだのは、いい教育者になるためには人間としての厚みや大きな器が必要だということ。そういう点では大学を卒業してからの短大進学も決して遠回りではなかったと思っています。

Yさん

Yくん
こども学科初等教育コース
努力するほど子どもたちが応えてくれる仕事。また公務員としての安定感も小学校教諭の魅力です。

大学卒業後、一度企業に就職した後に千葉経済大学短大で学びました。アルバイトを通じ、こどもに関わる仕事に魅力を感じたこと、そこで千葉経済短大出身の方と出会ったことがきっかけです。この学校には、千葉県小学校教諭採用試験において大学推薦枠があります。私も、この推薦を目標に努力しました。また少人数なので、試験の模擬面接や小論文対策などをマンツーマンで対応していただけたこともありがたかったです。

Nさん

Nさん 
こども学科保育コース
実習で日頃の学びを活かすことができ、
保育者としての自信につながりました。


初めての保育実習では「言葉指導法」「ことば表現」で学んだ絵本の読み聞かせや手遊びが役立ちました。子どもたちの前に立つのはとても緊張しましたが、笑顔に励まされ、「もっと頑張ろう」という気持ちになれました。また、保育者としての自信も持つことができました。2年次で行われる幼稚園実習もとても楽しみです。保育園と幼稚園を比較しながらじっくり進路を考えます。

Sさん

Sさん  
こども学科保育コース
ひとりひとりを見守ってくれているから、がんばれます。

東京都や習志野市には公立幼稚園の採用試験があるので、今はそれを目標に「公立採用試験特別講座」なども受けながら頑張っています。小学校以来久しぶりに触ったピアノ(器楽)は、なかなか思うように弾けませんでしたが、後期に入り「楽譜が読めるようになったね」と先生に言っていただきました。本当に細かく見てくださっているので、練習することが嬉しくなりました。

Sさんこども学科保育コース2年

Sさん
こども学科保育コース
助けを必要とする子どもたちに、
やさしく寄り添う保育者になりたいと思います。


1年次に受けた「社会的養護内容」の授業で、福祉に興味を持ちました。保育園と福祉施設(就学前の子どもたちが通う通所支援施設)で実習を行い、言葉のかけ方や子どもとの関わり方の違いを実感。施設では子どもたちに言葉が通じず大変でしたが、こちらの気持ちが伝わった時は、とても嬉しく、やりがいのある仕事だと実感しました。今後も福祉についてしっかり考えていきます。